ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< WBC世界フライ級タイトルマッチ  TopPage  吉田、ジョシュに完敗 旗揚げ戦でまさかの一本負け??? >>

コメント

ギャップ

ワンチェ先生は、普段どのように生徒達に接しているのかな?
大人は、子供から好かれようと、時には子供の目線になって話したりしていないだろうか?
その時、子供はどう思うだろう?
(この大人は優しくて理解があるから)と思い、最近覚えたお気に入りの言葉を使ったに過ぎないかもしれない。
大人(先生)は、自分勝手にその時々の状況を解釈し、自己満足で躾をしてはいないか?
ワンチェ先生方が、日頃から教科の勉強だけではなく、躾についてや、子供達への接し方を勉強していることを、切に願います。

2008.03.08   お遺産   編集

お遺産へ

おっしゃるとおり、
こども目線になる場合はあります。
時と場合によりますが。
ただし、今回の件はそれこそ
「はじめのあいさつ」です。
これまでも、
ずっとこのあいさつには
きちんと指導してきたつもり。
昨日まで友人のようにあいさつしていたのが
突然指導し始めたわけではありません。

そして、何を隠そう
自分勝手な状況解釈や自己満足の躾というのは
逆に保護者の方に多く見られる傾向です。
やはり血縁であることから、
どうしても感情的になりやすい。

ま、第三者的に客観的に
対応できるかどうかというのは
親と子の永遠のテーマだと思いますね。

2008.03.08   ワンチェ先生   編集

挨拶

子どもに挨拶の指導をする前に、尊敬される大人になるというお話、納得です。

私の職場では挨拶をしない人が多いです。人の挨拶をスルーします。皆自分のことでいっぱいいっぱいだから。塾でもいませんか?塾は勉強するところだから、それ以外のことには全く労力割かない子どもさん。勉強さえできれば、他はできてなくてもいいという。そういう子どもたちが大人になると、自分の仕事さえちゃんとこなしていれば他はどうでもいいという風になるんでしょうか。
私の職場のように、周りの人に挨拶する余裕も気配りもない大人が子どもから尊敬されるとは思えません。

最近はこれに慣れてしまい、挨拶に逆に違和感が(笑)挨拶されると驚いてしまいます。
しかも、挨拶することに勇気がいります~。
挨拶しなくても仕事が円滑に回るなら要らないのか?という考えにも染まってきている自分がいます。

ワンチェ先生、混乱中です。

2008.03.10   あとやせ   編集

あとやせさま

コメントありがとうございます。

>塾は勉強するところだから、それ以外のことには全く労力割かない子どもさん。

いますいます。結構いますね。
というか、そういう保護者がいたりもします。
私はそういう場合、保護者も教育(エラそうですが)するようにしてます。
でも教育といってもそんなたいしたことではなく、
それこそあいさつとか躾とかを
こちら側が率先して元気にやるようにしてるってだけです。
電話口にしても何にしても。
よく言われます。先生、声大きすぎって(笑)
そして、機会を見つけてこういう話をするんです。
ある全国的な有名中学校(校名は控えますが)の
校長先生がおっしゃったお話。
成績が伸びる子の三か条。
①あいさつが元気よくできる子。
②ご飯を食べるときに「いただきます」がきちんと言える子。
③家に上がるときに自分の靴をきちんと並べられる子。
そんな話をすると思ったより保護者も納得してくれます。
勉強をするのには、それなりの心構えと
環境が必要です。
つまり、心構えができてない子は成績も伸びませんよ、と。
それは、あいさつや服装に表れるものです。
そして、あいさつ等がしっかりできる子のまわりには
同じような子が集まり、
それがよい環境につながるのですよ、と。

これは、大人の世界でも同じだと考えます。
仕事はまさしく共同作業ですから、
よい環境作りが、仕事の成功につながると思うんですよね。
少なくとも、ウチの塾の先生たちは
みんなそう思っているからこそ、
みんなあいさつとか元気よくやってます。
まぁ、小さな塾なので、気心が知れている
ってのもありますけどね。
それと、仮にこちらがあいさつして変な顔されても
気にしないようにしてます。
半分はこちら側の自己満足ですもん、あいさつって。
相手にあいさつすることで
逆に自分の方が気持ちよくさせてもらっているんですよ、実は。
なんかそんな気がします。
すいません、エラそうに講釈たれてしまいまして。
こんなの私の友人が見たら、
うそつけ~って言われそうです(笑)
でも仕事場ではそういうふうにするよう
自分自身も心がけてますよ。

2008.03.10   ワンチェ先生   編集

ワンチェ先生、お返事ありがとうございます。

同意見です。環境要因は仕事や勉強に大きな影響を及ぼすと思います。おっしゃる通り、あいさつや言葉づかいを始めとした礼儀作法がよい環境づくりに繋がるのですね。

職場や塾で知らない人にもいつもあいさつをしている人は、何となく印象が良いですよね~
仕事や勉強で絡むことがあったら、快く作業に入っていける気がします。

それにしても、礼儀や常識ほど理屈で説明するの難しいと思うんです。人を説得できるワンチェ先生は凄いです!

2008.03.12   あとやせ   編集

あとやせさま

コメントありがとうございます。

あんま持ち上げないでください(笑)
ホント、友達に「この偽善者が~!!」
とか言われて笑われます(爆)

>職場や塾で知らない人にもいつもあいさつをしている人は、何となく印象が良いですよね~

そう言っていただくとウレシイですね。
気持ちよく仕事に励めますよ。
今日も一日がんばります!!

2008.03.12   ワンチェ先生   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://wanche.blog34.fc2.com/tb.php/97-54aa3dd3


小学生のあいさつ

本日、授業前。

生徒がわが塾に集まってきた。

「こんにちは~!」

元気にあいさつしてくれる。

もちろんこちらも負けずに

「ハイ、こんにちは~!!」

いや~、あいさつはやはり基本。

先生と生徒とはいえ、

そこには人間関係というものが存在し、

それが円滑にいくからこそ、授業もうまくいく。

あいさつとは、その潤滑油。

ホント、いい子たちだなぁ。

そんな感慨にふけっているところに

ある小学4年生の女の子が入ってきた。

もちろんオレは元気よくあいさつ。



「こんにちは~!!」

すると、ふだんきちんとあいさつしている女の子は

こうあいさつした。







「チョリ~ッス!!」








いや、別にね、オレ的には

このあいさつの仕方はキライじゃないよ。

親近感がわくってこともあるし。

でもね、ウチの塾では勉強はさることながら、

躾もきちんとするように心がけている。

当然、そのあいさつに対して、指導をするわけだが……



「ちょっと○○ちゃん、はじめのあいさつはきちんとしようよ。

大切なことだよ」

すると彼女はこう言ってのけた。

「だって、テレビ見てたら、みんなチョリ~ッス、って言っているよ」



やはりテレビの影響力とはすさまじいもの。

逆に小学4年生くらいだと、そんなあいさつが

ふつうなのかと思ってしまったのか。

もちろん、同じ学年の子でも

きちんとあいさつする子もたくさんいる。

しかし、オレと彼女は友人でもなんでもない。

あくまで、先生と生徒。

きちんとした線引きは必要。

というわけで、適切な指導をした。



社会形態も最近ずいぶん変わってきていると思うが、

こと日本社会においては、目上の人に対する言葉遣いは

絶対的に教育が必要だと思う。

ただ本当は、子どもたちが率先して

目上の人に敬語などを正しく使うように

大人の方が尊敬されるべき人間にならなければならない

とも思った。

子どもたちの言葉遣いを非難する前に

自らを省みる必要性も感じたのである。

オレもあんまりきちんとできてないなぁ……反省。
スポンサーサイト

<< WBC世界フライ級タイトルマッチ  TopPage  吉田、ジョシュに完敗 旗揚げ戦でまさかの一本負け??? >>

コメント

ギャップ

ワンチェ先生は、普段どのように生徒達に接しているのかな?
大人は、子供から好かれようと、時には子供の目線になって話したりしていないだろうか?
その時、子供はどう思うだろう?
(この大人は優しくて理解があるから)と思い、最近覚えたお気に入りの言葉を使ったに過ぎないかもしれない。
大人(先生)は、自分勝手にその時々の状況を解釈し、自己満足で躾をしてはいないか?
ワンチェ先生方が、日頃から教科の勉強だけではなく、躾についてや、子供達への接し方を勉強していることを、切に願います。

2008.03.08   お遺産   編集

お遺産へ

おっしゃるとおり、
こども目線になる場合はあります。
時と場合によりますが。
ただし、今回の件はそれこそ
「はじめのあいさつ」です。
これまでも、
ずっとこのあいさつには
きちんと指導してきたつもり。
昨日まで友人のようにあいさつしていたのが
突然指導し始めたわけではありません。

そして、何を隠そう
自分勝手な状況解釈や自己満足の躾というのは
逆に保護者の方に多く見られる傾向です。
やはり血縁であることから、
どうしても感情的になりやすい。

ま、第三者的に客観的に
対応できるかどうかというのは
親と子の永遠のテーマだと思いますね。

2008.03.08   ワンチェ先生   編集

挨拶

子どもに挨拶の指導をする前に、尊敬される大人になるというお話、納得です。

私の職場では挨拶をしない人が多いです。人の挨拶をスルーします。皆自分のことでいっぱいいっぱいだから。塾でもいませんか?塾は勉強するところだから、それ以外のことには全く労力割かない子どもさん。勉強さえできれば、他はできてなくてもいいという。そういう子どもたちが大人になると、自分の仕事さえちゃんとこなしていれば他はどうでもいいという風になるんでしょうか。
私の職場のように、周りの人に挨拶する余裕も気配りもない大人が子どもから尊敬されるとは思えません。

最近はこれに慣れてしまい、挨拶に逆に違和感が(笑)挨拶されると驚いてしまいます。
しかも、挨拶することに勇気がいります~。
挨拶しなくても仕事が円滑に回るなら要らないのか?という考えにも染まってきている自分がいます。

ワンチェ先生、混乱中です。

2008.03.10   あとやせ   編集

あとやせさま

コメントありがとうございます。

>塾は勉強するところだから、それ以外のことには全く労力割かない子どもさん。

いますいます。結構いますね。
というか、そういう保護者がいたりもします。
私はそういう場合、保護者も教育(エラそうですが)するようにしてます。
でも教育といってもそんなたいしたことではなく、
それこそあいさつとか躾とかを
こちら側が率先して元気にやるようにしてるってだけです。
電話口にしても何にしても。
よく言われます。先生、声大きすぎって(笑)
そして、機会を見つけてこういう話をするんです。
ある全国的な有名中学校(校名は控えますが)の
校長先生がおっしゃったお話。
成績が伸びる子の三か条。
①あいさつが元気よくできる子。
②ご飯を食べるときに「いただきます」がきちんと言える子。
③家に上がるときに自分の靴をきちんと並べられる子。
そんな話をすると思ったより保護者も納得してくれます。
勉強をするのには、それなりの心構えと
環境が必要です。
つまり、心構えができてない子は成績も伸びませんよ、と。
それは、あいさつや服装に表れるものです。
そして、あいさつ等がしっかりできる子のまわりには
同じような子が集まり、
それがよい環境につながるのですよ、と。

これは、大人の世界でも同じだと考えます。
仕事はまさしく共同作業ですから、
よい環境作りが、仕事の成功につながると思うんですよね。
少なくとも、ウチの塾の先生たちは
みんなそう思っているからこそ、
みんなあいさつとか元気よくやってます。
まぁ、小さな塾なので、気心が知れている
ってのもありますけどね。
それと、仮にこちらがあいさつして変な顔されても
気にしないようにしてます。
半分はこちら側の自己満足ですもん、あいさつって。
相手にあいさつすることで
逆に自分の方が気持ちよくさせてもらっているんですよ、実は。
なんかそんな気がします。
すいません、エラそうに講釈たれてしまいまして。
こんなの私の友人が見たら、
うそつけ~って言われそうです(笑)
でも仕事場ではそういうふうにするよう
自分自身も心がけてますよ。

2008.03.10   ワンチェ先生   編集

ワンチェ先生、お返事ありがとうございます。

同意見です。環境要因は仕事や勉強に大きな影響を及ぼすと思います。おっしゃる通り、あいさつや言葉づかいを始めとした礼儀作法がよい環境づくりに繋がるのですね。

職場や塾で知らない人にもいつもあいさつをしている人は、何となく印象が良いですよね~
仕事や勉強で絡むことがあったら、快く作業に入っていける気がします。

それにしても、礼儀や常識ほど理屈で説明するの難しいと思うんです。人を説得できるワンチェ先生は凄いです!

2008.03.12   あとやせ   編集

あとやせさま

コメントありがとうございます。

あんま持ち上げないでください(笑)
ホント、友達に「この偽善者が~!!」
とか言われて笑われます(爆)

>職場や塾で知らない人にもいつもあいさつをしている人は、何となく印象が良いですよね~

そう言っていただくとウレシイですね。
気持ちよく仕事に励めますよ。
今日も一日がんばります!!

2008.03.12   ワンチェ先生   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://wanche.blog34.fc2.com/tb.php/97-54aa3dd3




Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。