ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< おすすめ曲PLAYER、さらにグレードアップ!  TopPage  小・中学生の携帯使用を制限 >>

コメント

お見事!

私は『うっちゃり』という言葉の響きが好きです。
技は“これぞ相撲”というかんじですね。
これはつまり、相手の力を利用して繰り出す技ですよね?
勝ったと思ったら負けていたってわけで、ロシア人力士は悔しかったでしょうね・・・

私は外国人力士を否定するわけではないけど、
マナーはちょっと悪いかなと感じます。
「くそっ」ってのは、どうなんかねぇ・・・
一昔前までは、土俵の上で思わぬ勝利にガッツポーズもできなかった位に、
厳しい世界だったのに。
感情をコントロールしている力士は、人としても尊敬できる存在でした。
今は、外国人力士に支えられてるといっても過言ではない相撲界。
『日本の心意気』も学んでちょーだいませ(^^)

(しかし、日本語のくそっにはちょっと笑いました(~_~;)

2008.05.19   踊るポニョ   編集

踊るポニョさま

コメントありがとうございます。

>私は外国人力士を否定するわけではないけど、
マナーはちょっと悪いかなと感じます。

同感です。
確かに外国人力士のマナーの悪さに
辟易することしばしばです。
ただ、私個人としては協会の姿勢にも
問題があると思っています。
どういうことかというと、
相撲協会は今後、『相撲』という競技を
どのように存続させていこうかという
将来に向けてのビジョンが曖昧である
ということなんです。
つまり、「伝統ある国技」として存続させる
ということであるならば、
外国人力士にも徹底的に伝統や文化を
継承させなばならない。
そういう意味で日本古来の相撲道における
規則や慣習は必ず守らせる。
破れば追放も辞さない、くらいの意気込みが必要。
しかし、国際化に伴って
「スポーツ」として確立するのであれば、
日本人力士・外国人力士全体で
新たなルール作りをしていかないといけない。
そう考えております。

ただ、ぶっちゃけ一相撲ファンとしては
「国技」でお願いしたいんですがね。。。

2008.05.19   ワンチェ先生   編集

すごかった!

早速YoutubeにUPされてましたか!
ほんとにすごかった。
誰かに教えたくなるような取り組みですね。
安馬は体つきは、あまり強そうに見えませんが結構強いですよね。足腰が柔らかいんでしょうか。
そのうち、大関ぐらいにはなりそうな感じがします。

2008.05.19   robin   編集

robinさま

ご訪問およびコメントありがとうございます。

ホント、すごかったですよね!
足腰のやわらかさ、強さ、ねばり、
すばらしいの一言。
また、取り組み直後も
いわゆる「どや顔」ではなく、
あくまで冷静な振る舞い。

場所前の練習量が推し量れますね……

2008.05.19   ワンチェ先生   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://wanche.blog34.fc2.com/tb.php/186-10771db6


これぞ大相撲!芸術的『うっちゃり』 !!

というわけで、本日の取り組みにて

安馬VS若ノ鵬↓↓↓




うぉぉぉぉぉぉぉ!

す、すげぇぇぇぇぇぇ!!


安馬の芸術的な『うっちゃり』!

しかも右足一本で!かっけー!!

思わず『エクスプロイダー(プロレスの技です……)』かと

思っちゃったよ、マジで!

オレはそれこそ輪島や先代貴ノ花時代から

相撲を見てきたけど、

こんなきれいなうっちゃりは

そうそうお目にかかれない。



でも、賞賛すべきは、何と言っても

最後まであきらめなかった安馬の精神力。

最近すぐにあきらめて土俵を割ってしまう

取り組みが多い中、

こんな技を見せ付けられると、

まだまだ大相撲も捨てたもんじゃないなぁ、

ってうれしくなったね。



あと、ちょっとツボだったのが、

取り組み後、ロシア人力士である

若ノ鵬があまりにくやしすぎて

「くそっ!」って言ったときの

アナウンサーの冷静なアナウンス。






「くやしがるときは日本語」





芸人真っ青のツッコミ、堪能いたしました(笑)
スポンサーサイト

<< おすすめ曲PLAYER、さらにグレードアップ!  TopPage  小・中学生の携帯使用を制限 >>

コメント

お見事!

私は『うっちゃり』という言葉の響きが好きです。
技は“これぞ相撲”というかんじですね。
これはつまり、相手の力を利用して繰り出す技ですよね?
勝ったと思ったら負けていたってわけで、ロシア人力士は悔しかったでしょうね・・・

私は外国人力士を否定するわけではないけど、
マナーはちょっと悪いかなと感じます。
「くそっ」ってのは、どうなんかねぇ・・・
一昔前までは、土俵の上で思わぬ勝利にガッツポーズもできなかった位に、
厳しい世界だったのに。
感情をコントロールしている力士は、人としても尊敬できる存在でした。
今は、外国人力士に支えられてるといっても過言ではない相撲界。
『日本の心意気』も学んでちょーだいませ(^^)

(しかし、日本語のくそっにはちょっと笑いました(~_~;)

2008.05.19   踊るポニョ   編集

踊るポニョさま

コメントありがとうございます。

>私は外国人力士を否定するわけではないけど、
マナーはちょっと悪いかなと感じます。

同感です。
確かに外国人力士のマナーの悪さに
辟易することしばしばです。
ただ、私個人としては協会の姿勢にも
問題があると思っています。
どういうことかというと、
相撲協会は今後、『相撲』という競技を
どのように存続させていこうかという
将来に向けてのビジョンが曖昧である
ということなんです。
つまり、「伝統ある国技」として存続させる
ということであるならば、
外国人力士にも徹底的に伝統や文化を
継承させなばならない。
そういう意味で日本古来の相撲道における
規則や慣習は必ず守らせる。
破れば追放も辞さない、くらいの意気込みが必要。
しかし、国際化に伴って
「スポーツ」として確立するのであれば、
日本人力士・外国人力士全体で
新たなルール作りをしていかないといけない。
そう考えております。

ただ、ぶっちゃけ一相撲ファンとしては
「国技」でお願いしたいんですがね。。。

2008.05.19   ワンチェ先生   編集

すごかった!

早速YoutubeにUPされてましたか!
ほんとにすごかった。
誰かに教えたくなるような取り組みですね。
安馬は体つきは、あまり強そうに見えませんが結構強いですよね。足腰が柔らかいんでしょうか。
そのうち、大関ぐらいにはなりそうな感じがします。

2008.05.19   robin   編集

robinさま

ご訪問およびコメントありがとうございます。

ホント、すごかったですよね!
足腰のやわらかさ、強さ、ねばり、
すばらしいの一言。
また、取り組み直後も
いわゆる「どや顔」ではなく、
あくまで冷静な振る舞い。

場所前の練習量が推し量れますね……

2008.05.19   ワンチェ先生   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://wanche.blog34.fc2.com/tb.php/186-10771db6




Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。