ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 気になってた卒業生がやってきた……  TopPage  「だまされた男」……ってゆうか。。。 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://wanche.blog34.fc2.com/tb.php/182-43841756


映画『ミスト』 観たッス!(ネタバレややあり)

ミスト


 激しい嵐が街を襲った翌日、湖の向こう岸に不穏な霧が発生していた。デイヴィッドは不安に駆られながら、息子のビリーを連れ、隣人の弁護士ノートンと街へ買い出しに向かう。3人がスーパーマーケットに入ろうとすると、店内は大混乱。外では軍人が歩き回り、サイレンが鳴り続ける。すると、ひとりの中年男が叫びながら駈け込んで来た。「霧の中に何かがいる!」と。店外を見ると深い霧が駐車場を覆っていた!
 ホラーの巨匠スティーヴン・キング原作、鬼才フランク・ダラボン監督のコンビによる3作目。とある田舎町を嵐が襲った後、霧がゆっくり町を飲み込んでいく。そして時間の経過とともに判明していく、霧の中に生息するこの世のものとは思えない生物たち。スーパーマーケットの店内に閉じ込められた人間たちはいかにして生き延びようとするのか…。恐怖とパニックに直面した人間の行動、心理を鋭くえぐる描写が秀逸だ。中でも狂信的な女性ミセス・カーモディを演じたオスカー女優、マーシャ・ゲイ・ハーデンの演技は注目。センセーショナルなラスト、主人公たちのショッキングな“決断”は、全米公開時、さまざまな議論を呼んだという。



たしかに、この映画のラストは、

議論を呼ぶんだろうなぁ。

なるべくくわしくは書かないつもりだけど、

この「決断」は賛否両論だべな~。

オレ個人としては「賛」。

極限状態にあっては、

人間がその尊厳を守るという点での決断も

ありかなと。

もうちょっとガマンすれば……

っていうのはあくまで結果論。

ただ、早まったんじゃね?

っていう意見もわかる気がする。



展開自体は、モンスターパニック映画というよりは

人間の怖さを浮き彫りにした形。

原作のスティーヴン・キングらしい話だな。

ぶっちゃけモンスター自体は、

これといった感想もない程度のもの。

やっぱ、これは極限状態の人間たちが

それぞれの判断のもとに

いかに考え、行動ししていくかってところの怖さを描いたんだと思う。



ただ、「クローバー・フィールド」と時期的にカブったかな。

どうしても比較してしまう。

どちらも内容自体はキライじゃないけど、

手放しで絶賛できるほどのものかというと「?」だな。

でも、子役の演技はよかったと思うよ。
スポンサーサイト

<< 気になってた卒業生がやってきた……  TopPage  「だまされた男」……ってゆうか。。。 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://wanche.blog34.fc2.com/tb.php/182-43841756




Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。