ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やっと……

やっと終了したばい、夏期講習。

今年はなんかメッチャ疲れたね。

ま、歳のせいってことかもしれんけど。

このブログもいっとき放置しとったけん、

また、ボチボチはじめていきますばい(^o^)
スポンサーサイト


テンション(BlogPet)

きょうロドリゲスがテンションへ風靡したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「ロドリゲス」が書きました。


それで話する(BlogPet)

きょう、注目ー!
それで話する?
それで大五郎と進化された。
それでぽみすけは前任へ疾走するつもりだった?
でも、ロドリゲスが化学反応へ反応ー!

*このエントリは、ブログペットの「ロドリゲス」が書きました。


わが青春の音楽BEST3~『Graham Bonnet』編

久々にやってきましたこの企画。

今回はオレの心の師匠、

Graham Bonnet(グラハム・ボネット)だ!

なんといってもその声。

シッブイわ~。

チョーかっこよいですばい。

驚異の4オクターブを自在に扱う

ボーカルのスペシャリスト。

職人って感じ。



ま、話し始めると言うことが尽きないので

早速第3位!

MSG在籍時の「DESERT SONG」↓↓↓



個人的な意見だけど、

やっぱ、マイケルシェンカーのギターには

グラハムのシャウトが似合うねぇ。

MSG史上では一番のボーカルではないかと

思っとりますばい。



続いて第2位!!

インペリテリとやってたときの

「Stand In Line」↓↓↓



いや~、こりゃマジでグラハム節炸裂の一曲。

若いインペリテリのある意味粗く獰猛なギターサウンドを

ビシッと締めている感じ。

この曲は、ほんとCDが擦り切れるぐらい聴いたね。

アルバムの一曲目だったし、

いきなりテンションの上がりまくる一曲やった。



というわけで、栄えある第1位!!!

ALCATRAZZ在籍時の「Hiroshima Mon Amour」↓↓↓



これはもう、誰が何と言おうと

譲れない第1位。

インギーのテクニカルなギターと

血管がブチ切れそうなグラハムのボーカル。

彼のボーカル史上ではこの曲が

一番の化学反応を起こしていたんではないかな。

いまだに色褪せない名曲やね。



まぁ、しかし……

このサングラスしているグラハムは

鬼のようにそっくりやね。













横山やすしさんに(笑)


  TopPage  



Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。