ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メモするはずだったの(BlogPet)

きょうロドリゲスがDIVEと攻撃したよ♪
でも、メモするはずだったの。

*このエントリは、ブログペットの「ロドリゲス」が書きました。
スポンサーサイト


『奈落のエレベーター』『悪夢のギャンブルマンション』 木下半太 著

奈落のエレベーター
〔あらすじ〕
やっと抜け出した悪夢のマンションに再び引き戻された三郎。彼の前に、殺意に満ちた少女が立ちはだかる。一方、事情を知らずに車で待つマッキーの元に、男の影が…。薬で眠らされたマッキーが目を覚ますと、大切な仲間が惨い姿で転がっていた。自分たちは最初からハメられていた?『悪夢のエレベーター』のその後。怒涛&衝撃のラスト。



悪夢のギャンブルマンション
〔あらすじ〕
一度入ったら、勝つまでここから出られない…。勝負に勝って鍵を貰わないと移動できないように、建物がまるごと改造された裏カジノ。オカマ・ママのマッキーら四人は、恐喝に悩む仲間のためにここを訪れた。各部屋で待ち受ける、薄気味悪いディーラーと、巧妙な罠。借金は増える一方だし、死体にまで遭遇。ここから無傷で脱出できるのか。


(「BOOK」データベースより)



いや~、オモロイ(^o^)

何でこんなにオモロイのかいな、

ってくらいオモロイ。

文章力うんぬんより、

主観が頻繁に変わるこの構成が

すごく楽しめる。

同じ場面にいる登場人物の

それぞれの内面まで詳細にわかって、

それでいてそのお互いの掛け合いが

絶妙なんだよね。



で、まずは

『奈落のエレベーター』

から。これは

『悪夢のエレベーター』

の続編。

『悪夢~』の直後からはじまり、

話が展開していく。

ピンチに次ぐピンチ。

どうやって乗り切っていくのか……

とハラハラドキドキ。

そして、抱腹絶倒(^-^)

また、人物のキャラもすごくよくて、

特に今回出てきたオカマのジェニファーには

たいへん親近感が湧いたね。



んで、次が

『悪夢のギャンブルマンション』

なんだけど、

これはまたまたオカマのマッキーとジェニファー、

そして新キャラである自称ギャンブルの天才、梅咲輝男。

ジェニファーの元カレっていう設定で

またイイ味出してる。

ストーリーも単にギャンブルで勝ち上がっていくだけでなく、

途中からは運営サイドに巻き起こったトラブルに巻き込まれ、

ドタバタ劇を繰り広げる。



とっても練りこまれていて、

ホント楽しかった。

これからもどんどん続編を書いて欲しいね。


占い、恐るべし!

朝、よくやっているテレビ番組の占い。

とくに複数局をハシゴして見ている方もいらっしゃるらしいが、

オレは個人的に

イイことは信じるし、

悪いことは信じないってタチ。

当たるも八卦、当たらぬも八卦やからね。



で、12月に入っての話。

毎朝見ている番組で

元お笑いのコンビで

今は諸事情あってピンで活躍されている

あの方がMCの番組。

占いでリスが出てくるヤツね。

オレ1月生まれなんやけど、

その日は1月が第一位。

メッチャイイこと言われて

ゴキゲンで仕事に向かったオレ。








その日、

一年に一回あるかないかのトラブルが

2件も発生(汗)

詳しくは言わないけどね……










んで、今週の火曜日。

1月生まれは第二位。

これもコメントがイイ感じで

ラッキーカラーはピンクだと。

ピンクのネクタイして

勇んで車に乗り込んだオレ。















車、動かず(汗)













バッテリー上がってたらしい。

特に兆候もなかったので、

正直、まさかの展開。

















占い、恐るべし(汗)


先生(BlogPet)

きのうワンチェ先生と、侵入すればよかった?

*このエントリは、ブログペットの「ロドリゲス」が書きました。


『No.6』 あさのあつこ著

No6-01.jpg
〔あらすじ〕
2013年の未来都市「NO.6」。人類の理想を実現した街で、2歳の時から最高ランクのエリートとして育てられた紫苑(しおん)は、12歳の誕生日の夜、「ネズミ」と名乗る少年に出会ってから運命が急転回。どうしてあの夜、ぼくは窓を開けてしまったんだろう? 飢えることも、嘆くことも、戦いも知らずに済んだのに……。
(「BOOK」データベースより)



No6-02.jpg
〔あらすじ〕
2017年。聖都市「NO.6」を追われた16歳の紫苑がはじめて目にする外の世界、そして現実。ぼくは今までいったい何を知っていたんだろう?何を見ていたんだろう?ネズミと暮らし始め、懸命に生きようとするが、「おれとNO.6、どちらを選ぶ?」と問われた紫苑は…。加速する運命が二人を襲う。
(「BOOK」データベースより)



No6-03.jpg
〔あらすじ〕
これだから、人間はやっかいだ。深く関わりあえばあうほど、枷は重くなる。自分のためだけに生きるのが困難になる。火藍から沙布が治安局に連行されたことを告げるメモを受け取ったネズミはそれをひた隠すが、事実を知った紫苑は救出に向かう決心をする。成功率は限りなく0に近い―物語は疾走する。
(「BOOK」データベースより)



No6-04.jpg
〔あらすじ〕
どうやったら矯正施設の内部に入れるのか。中はどうなっているのか。どんな手を使っても探りだし、侵入しなくてはならない。それが沙布を救う唯一の方法なのだから。紫苑のまっすぐな熱情にネズミ、イヌカシ、力河が動かされる。そして軍が無抵抗な人間を攻撃し始めた。「人狩り」だ。いったい何のために…。
(「BOOK」データベースより)



No6-05.jpg
〔あらすじ〕
あきらめてしまうのか?NO.6の治安局員に連行された沙布を救い出すため、矯正施設の内部への潜入に成功した紫苑とネズミだったが、そこには想像を絶することが待ち受けていた。まるで地獄。くじけそうになる紫苑…その一方で、沙布には妖しげな魔の手が刻一刻と伸び始める。彼らの未来はいったい。
(「BOOK」データベースより)


〔以下続刊〕





というわけで、

今回は

あさのあつこ著『No.6』

でございます。

ホントはね。

全部終わったら紹介するかなって

思ってたわけですよ。

でも、ガマンしきれなくてね(笑)

っていうか、オレ文庫でしか読まないから、

まだ♯5までしか出版されてなくて。



とにかくその類稀なる表現力には脱帽。

何というか、なまめかしいというか、はたまた生臭いというか。

主役である「紫苑」の弱さと芯の強さ、奥深さ。

そして準主役(でいいのかな?)である「ネズミ」の

強靭さと時折見せる一瞬のやさしさ。

その心理描写を見事に描いている……

とオレは思う。



聖都市「No.6」と西エリアの関係性って

ある意味、今の日本の状況を現出しているようにも思われる。

これはもしかしたら本当にそんな未来が

待ち受けているのかも……

って、ちょっと考えさせられる。

自分の中では、ちょっと今までにない

楽しみ方ができているなぁ。

なんと言ってもその先の見えない展開に

エンディングが楽しみでね。

それがハッピーエンドだろうとバッドエンドだろうと

すべてが受け入れられる、

そんな気持ちでワクワクしながら読んどります。



ま、そんなわけで、

何度も言うが、

その表現力の豊かさには

いち国語講師として

勉強させられることがたくさんあるね。

とにかく今後も楽しみな物語ですばい(^o^)/


マイケル・バッファー氏、K-1に復活!!

マイケルバッファー
 今年の「K-1 WORLD GP」決勝大会(12月5日、神奈川・横浜アリーナ)で、リングアナとしてマイケル・バッファー氏が起用されることが決まった。
 バッファー氏は、マイク・タイソンなどのボクシング世界戦を盛り上げるために欠かせない名物リングアナ。K-1でも、これまで毎年、WGP決勝大会を盛り上げてくれていたが、2006年のWGP決勝大会以来の復活となる。伸びのある美声とテンポのある名調子で、今年のWGPをさらにグレードの高いものにしてくれるだろう。世界一を決める大会で、世界一のリングアナのコラボは最高の内容になりそうだ。(by Sports Navi)



チョーうれしい(^-^)

オレ、この人大好きなんでね。



マイケル・バッファー

ジミー・レノン・ジュニア



この二人はリングアナ界の伝説。

特にオレはマイケルのあのシブイ声が大好き。

記事にもあるように、マイク・タイソンの世界戦とか

とにかくこの人抜きでは語れないほど。

久々に聞きたい名ゼリフ。























Let's get ready to rumble!





















「戦いの準備はできているか!」

ってな意味ですばい(^-^)

これ聞くと、

いよいよやなぁ……

ってワクワクしてしまう。

ただ、この言葉はいつも言うわけじゃなくて

ボクシングの世界戦とか

K-1ならその決勝とか。

いわゆるメインカードの時だけね。



というわけで興味のある方は↓↓↓



いや~、かっけぇぇぇぇ!

気持ちが高ぶるね。

これでK-1観戦の楽しみが増えたですばい(^o^)


  TopPage  



Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。