FC2ブログ

ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


『Trash We'd Love』 by the HIATUS

Trash Wed Love

やっとレビュー書けるくらい聴きこみました。

とにかく、何はともあれ……



Takeshi is back!!



素直にウレシイ、の一言です。

ELLEGARDEN が活動休止したときは

ホントにさびしかった。

ただ、ソロプロジェクト組んでまで

表現したい音楽観とはいかなるものか、

という期待感も同時に去来した。

そして、とうとうアルバム完成。

オレは一切の試聴を拒否して

アルバムが出るのを待った。

その結果……






















最高。


















待った甲斐があったね、マジで。

これが彼の現在の正解なんだろう。

オレは正直、この道を突き進んでもらって

構わない、って思う。

ムリにエルレを復活させる必要もない、

そう思えるくらいのすばらしい出来栄えだと思う。

(って言いながら、もちろん復活待ってます(汗))

もちろんエルレの爆発するような疾走感や

うねるようなバイブも大好きだけど。



まずは耳に残ったのが

何といってもピアノの旋律。

そしてドラマティックな楽曲。

全体的に曲のクオリティは高いし、

バックはメッチャいい仕事してるし。

また全体で40分弱というコンパクトな作りも

ダレない感じでヨイ。

アルバム全体の動と静のバランスは

確かにUS今様って感じだが、

これをやってのける日本人が

今こうして同じ時代に生きて

こうやって曲を提供してくれることに

たいへん感謝。



まぁ、そうは言ってもエルレっぽさも

個人的には垣間見えたと思う。

ブリッジミュートしてザクザクギターを奏でる

リフもそうだし、

実際、曲的にも

「Storm Racers」や「紺碧の夜に」のような

エルレを想起させるものもある。

やはりあそこで培ったものが

間違いなく活かされ、

その上でこの境地に立ったんだなぁ、

と改めて感じられる。



とにかく今回は何といってもピアノ。

特に「Little Odyssey」は秀逸。

全篇ピアノでしっとりと歌い上げる。

細美氏の歌声に

まさかこんなにハマルとは。

新たなる発見と共に

さらなる飛躍を感じさせる。



最後に。

エルレファンはエルレとの比較で

このアルバムを聴いちゃいけません。

そんなもったいないことはしないように。

これは間違いなく、

今、細美武士がやりたい音楽だし、

先述したが、これが現在の彼の正解なのだから。

オレも正解だと思うよ。



そんなわけで1曲目「Ghost In The Rain」のPVを↓↓↓



これまでエルレってだけで

敬遠していた層には、逆にぜひ聴いて欲しい。

間違いなく感じるものがあると思うから。
スポンサーサイト





  TopPage  



Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.