FC2ブログ

ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


『Rock N' Roll Children』 by Sturm Und Drang

Sturm Und Drang

いやはや、しかし……

世界には、これまたとんでもない才能が

埋蔵しとんなぁ、マジで。

ちなみに彼らのバンド名

Sturm Und Drang(シュトゥルム・ウント・ドラング)

と呼びます。

フィンランド出身。平均年齢16歳。

にして、今回すでに2ndアルバム。

2007年に1stは出てるけど、

その楽曲を作ったのは2005年とのこと。



じゃ、作った時は、じゅ、十三、四歳 !?



すごすぎやね。

とりあえず、1stも2ndも大人買い(笑)

して聴き比べてみた。

格段の飛躍。

演奏面には、たしかにまだ青さが残るものの

その疾走感、叙情性はもうベテランの域 !?

と言っても過言ではないくらい。

ボーカルの子もメチャうまいし、

そして何といってもそのアンサンブルの妙。

たまらんですわ(笑)

さらには、そのアルバム全体の根底に流れるのは、

これまた80’sの香り。

前回のNickelbackのときも書いたけど、

この80年代音楽の潮流は、

どうやらホンモノやね。

おっちゃんには、ド真ん中ですよ。

彼らが、今後のメタルシーンを引っ張っていくのは

間違いのない事実だろうと思う。



そんなわけで、今回は3曲目の疾走感溢れる

「Break Away」

そして、10曲目の叙情感たっぷり、いきなりギターが泣きまくりの

「Heaven(Is Not Here)」

をおすすめ曲にアップしときます。

さらに「Break Away」はオフィシャル・クリップも↓↓↓



でも、持っているギターやベースが

フライングV

ランダムスター

サンダーバード。

若さ爆発やね(笑)
スポンサーサイト





  TopPage  



Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.