FC2ブログ

ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


不規則動詞の過去形の覚え方

本日授業終了後。中2英語。

授業内で実施した不規則動詞の過去形のテスト。

その不合格者は、再テストをするということで、

数名が居残りで一覧表の見直しをしつつ待っていた。

オレは再テストのスタート時間を決め、

生徒たちは合格して早く帰りたいので、

一心不乱に見直しをしている。



その中で、男子生徒 I は一覧表を見つつ、

声に出しながら確認していた。

で、その覚え方というのが、

やはりありがちなローマ字読み。

ま、今回は発音は別として、

スペルを覚えるのが主だったので、

何も言わずに見守っていたのだが……


ベギン(begin) ベガン(began)

コメ(come) カメ(came)

ドラウ(draw) ドレウ(drew)

エアト(eat) アテ(ate)


そんな感じでアルファベット順に並んでいる

動詞の現在形と過去形を

黙々と読み上げている。

で、順調に進んでいたのだが、

そのとき衝撃の発言が……


フォゲト(foget) フォゴト(fogot)

ゲト(get) ゴト(got)

ホルド(hold) ヘルド(held)

ケエプ(keep) ケプト(kept)


メイク、萌えメイド(make → made)


パイ(pay) パイド(paid)……





えぇぇぇぇぇぇぇ!!!!(叫んだよ、心の中で……)





いやいやいや、そこはお前、

マケ(make) マデ(made)だろ?

この一連の流れなら!

それもお前、萌えメイドて……



直後、ハッとなって自らの発言に気付く I 。

彼は、ちらっとオレの方を見る。

そして思いっきりオレと目が合うと、

彼は顔を真っ赤にして苦笑い。



たぶん、ふだんからそういう覚え方をしてて、

思わず言っちゃったんだろうけども。

萌えメイドて……



まさに男子中学生である(笑)
スポンサーサイト





  TopPage  



Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.