FC2ブログ

ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


覚え違い

本日の授業中。中3国語。

取り扱った問題文で、

日本古来の寺社仏閣についての文章題があった。

その中に「祝詞(のりと)」についての説明が書かれていた。

祝詞(のり-と)は、神道において、神徳を称え、崇敬の意を表する内容を神に奏上し、もって加護や利益を得んとする文章をいう。通常は神職によって独自の節まわしによる朗誦が行われ、文体・措辞・書式などに固有の特徴を持つ。



すると、野球部のKがこう質問してきた。


K「先生。祝詞って、OK?」

オレ「ん?何?質問の意味がよくわからんが……」

K「やけんね、先生。祝詞って、オケイ?」

オレ「は?祝詞が……えっと……オーケイ?

   って、大丈夫かってことか?」

K「だからさぁ。違うって。祝詞ってのがね。

  お坊さんとかが言う『オケイ』かって聞きようと!」

















オレ「それ、オキョーーーーーーー!!!!!!
















たしかにね。「お経」って書くけどね。

んで、「おけい」って読めるよ、間違いなく。

まぁ、でもあるある。そんな覚え違い。

わかるっちゃぁ、わかるけども。

周りも大爆笑。

Kは周りから「うわっ、アホがおる」とか、

「やっちまったなぁ!(クールポコ風)」とか

やたらイジラレまくり。

Kは、めっちゃ赤面。

すると、同じ野球部のNがフォローのつもりか

こう言い出した。


N「まぁ、そうヘコまんでもよかって。よくあることやん。

  オレもこの前まで『清少納言』は『せいしょう=なごん』って

  読むと思いよったもん」


たしかにそれはよくある間違いだな。

苗字が『せいしょう』で名前が『なごん』だと

思っている生徒は結構多い。

ところが、それを聞いたお調子者の

サッカー部 I がこう言いだした。


I 「えっ、マジで !? オレ『清少納言』って

  『セイショウナ=ゴン』かと思いよった!」







……







水を打ったように静まり返る教室内。

Kがひとこと。


K「そんなヤツおらんやろ……」
スポンサーサイト





  TopPage  



Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.