FC2ブログ

ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


「北斗の拳」ラオウの兜(BlogPet)

ワンチェ先生の「「北斗の拳」ラオウの兜」のまねしてかいてみるね

アートオブウォーはちょっと悔しくなってイイかっけ~これって、「拳王兜」のある作品として、やっぱ欲しくなって欲しかった。
まぁ、『毎度おさわがせしたようだけど、『毎度おさわがせし、収入が、『聖帝サウザー編』のが大人買いできるぐらい、生産上限30個とマッドマックスのときになった「凄み」のがレイに南斗水鳥拳での甲冑のが許さんが大人買いできるぐらい、最後の叩き出しで服破られたシーン…すんません。
で作られたん!!
そりゃ、一番印象に南斗水鳥拳で服破られた。
いや「合金類」で、「」の叩き出しで、マジでのキャラクター「株式会社謙信」が大人買いできるぐらい、マジで、またはHPからのパクリやんってな、純粋に残ってイイか、マンガ「凄み」の受注販売で。(……カンペキニオヤジダナ)で服破られて製作した展開だったシーン…っていうかね!
いや「」のキャラクター「北斗千手」かもしれんだろう。

*このエントリは、ブログペットの「ロドリゲス」が書きました。
スポンサーサイト





「北斗の拳」ラオウの兜

ラオウの兜

アートオブウォーは2008年6月11日、マンガ「北斗の拳」のキャラクター「ラオウ」の兜を忠実に再現した「拳王兜」の予約を開始した。
「北斗の拳」25周年記念作品として、戦国時代の甲冑の修復や複製などを行っている「株式会社謙信」が、半年以上の年月をかけて製作した。
加工のしやすい「合金類」ではなく、本物の「鉄」を使用し、手作業での叩き出しで形成した。戦国時代と同じ材料、手法で作られているので、リアルで「凄み」のある作品となっている。
価格は47万2500円。電話、またはHPからの受注販売で、生産上限30個となっている。
(by J-CAST ニュース)







か、かっけ~





これって、『聖帝サウザー編』のときの兜だよな。

いいねぇ。オブジェとして最高じゃね?コレ。

こういうのって、やっぱ欲しくなっちゃうんだよね。

なんかオトコノロマンってかさぁ。

でも、



高い……



くっそ~

こんなのが大人買いできるぐらい、

収入があったらなぁ、

ってちょっと悔しくなったりする。

ま、こんなの買ってイイか?って嫁さんに言おうもんなら、

「北斗百裂拳」くらわされるだろうな。

いや「北斗千手壊拳」かもしれん……(汗)



それにしても、「北斗の拳」はホントよく読んだね。

連載当時は、

ブルース・リーとマッドマックスのパクリやん

ってな、批判的な意見もあったようだけど、

純粋におもしろかったもんね。

で、一番印象に残っているシーンといえば……














マミヤがレイに南斗水鳥拳で服破られたシーン……














すんません。オレ……男ですから……



っていうかね。

中学生ですよ、当時。

そりゃ、あのシーンは衝撃でしょう。

『毎度おさわがせします』的に表現すると、

ティロリロリン!

って感じですよ、マジで。(……カンペキニオヤジダナ)



でも、最後のほうはちょっとダレた展開だったかも。

結果論かもしれんが、正直、

ラオウが天に帰ったときに終わって欲しかった。

そしたら、もっと伝説のマンガになったかもしれん。

まぁ、ジャンプの編集部が許さんかったんだろうけどね……


  TopPage  



Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.