FC2ブログ

ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


卒業生二名、来塾。

というわけで、今日は今年3月に卒業した生徒

二名(女子)がやってきた。

何しにきたかというと、

公立D高校に入学したAは漢検3級の勉強、

私立H女子高校に入学したBは英検3級の勉強。

どちらも、等級としては中学生のときに

獲っておいてもおかしくないものだが、

結局中学生のときには一度も受験しなかったのだ。

それでも今勉強してみても難しいらしく、


「お前らぜんぜん勉強しとらんな!」


っていうと元気よく


「うん!」


という二人なのである。



ま、そんなわけで勉強していた二人。

授業の合間にちょっとのぞいてみると、

ちょうど休憩しているらしく、

世間話でも……と思い、話しかけてみた。


オレ「どうだ?高校生活は」


A「うん、学校はメッチャ楽しいよ」

B「え~、ウチはサイアク」

オレ「なんでだよ、B。お前自分でこの高校に行きたくて

   公立受験もせずに行ったじゃないか」


そうなのだ。

彼女は、自ら行きたいからと、

公立高校受験をせずに私立のH女子高校に行ったのだ。


B「え~、たしかにそうやけど……」

オレ「何でおもしろくないんだよ?」

B「だってね、先生。男おらんとよ!

 これがどんなに悲しいことかわかる?先生」


お前はそれをわかってて女子高選んだんだろ?

今さら何言ってんだよ。

ま、でも実際に行くと違うんだろうな、とも思ったけど。

すると彼女はこう私に助言してくれた。








B「やけんね。先生は絶対に

 女子高なんか

 来ん方がいいよ









行きません!

ってか、行けません!!

オレは男だし!!!

オッサンだし!!!!







相変わらず、トボけたむすめ。

でも、その変わらなさが

ちょっと懐かしくもあったけどね。。。
スポンサーサイト





  TopPage  



Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.