FC2ブログ

ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


「将棋ソフトが、現役アマ王者を撃破」って……

いつものごとく、まずは記事抜粋↓↓↓

 将棋ソフトの強さを競う第18回世界コンピュータ将棋選手権(コンピュータ将棋協会主催)が3日から5日まで千葉県木更津市で行われ、「激指(げきさし)」(開発者=鶴岡慶雅氏など)が3度目の優勝を飾った。

 大会には国内外の40ソフトが参加していた。

 最終日の5日、恒例のソフト対アマトップの公開対局が行われたが、2005年アマ竜王でアマ名人の清水上徹さん(28)が激指に、04年アマ竜王で朝日アマ名人の加藤幸男さん(26)が大会2位の「棚瀬将棋」(開発者=棚瀬寧氏)にそれぞれ完敗した。
(by YOMIURI ON LINE)



初めてのことらしく、ずいぶん騒がれているみたいだけど、

個人的には、なんでそんなに大騒ぎするのかなぁって思う。

コンピュータの進歩は、もちろんめざましいものがある。

それはたしかに脱帽。

でも、それよりもそれらをこれまで凌駕していた人間の頭脳のすばらしさの方が

実に驚きに値する。

やっぱ人間ってすげぇなぁ、ってマジ思ったよ。


ひと昔前に、チェスソフトの「ディープブルー」ってのが

世界チャンピオンに勝ったという記事を見たときにも

同じように思った。

だいたい、ソフトっていうのは結局人間がプログラミングして

何億通りものシュミレーションを即座に行い、

最良の一手を選ぶってことだよな。

そのスピードたるや、すさまじいものだろうと思うけど、

人間側はそれを脳みそでやってんだぜ?

すげぇよな、マジで。



もうひとつ視点を変えると、

これはあくまで人間対人間の戦いとも言える。

ただ片方はコンピュータソフトを使って、

対戦しているってだけのことじゃないの?



とにかく、コンピュータの能力のスゴさも十分にわかるけど、

やっぱそれにひけをとらない人間の能力に賞賛を与えたい。

今回の記事には、そんな思いを一層深めたな。
スポンサーサイト





  TopPage  



Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.