FC2ブログ

ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


『日本歴史占い』 やってみた。。。

本日、「メントレG」見てたら、こんな占いの紹介があった。

「日本歴史占い」

基本的には占いとかやらないんだけど、

歴史上の人物に例えられるとのことで、

ま、興味持っちまってね。

やってみた↓↓↓

07main.gif


『応用の天才にして優柔不断』

 話し上手の聞き上手。どんな相手をも饒舌にさせてしまう乗せ上手。やや独創性に欠けますが、相手の長所やアイデアを次々引き出し、それをヒントに新しいものを提案したり、コーディネートするのが得意。薩長同盟や体制奉還論も、龍馬の発案でありません。日本初の総合商社・亀山社中(のちの海援隊)も設立。組織も資金力も持たない龍馬は、人の心を読む鋭い洞察力で人間関係をとりもつ潤滑剤の役割を果たしました。

■頭脳・知識
話がうまく、自然とよく動く二枚の舌で相手をいい気分にさせる器用さがある。交渉ごとに長ける。既存の材料にちょっと味付けして、新しいものに変えていくのが得意。

■センス
なにごとにも物おじせず、「なんとかなるさ」とどんなピンチも乗り越えていく図太い神経の持ち主。これだけは絶対に譲れないみたいな頑固な一面もあるが、ふだんは鈍いフリをしている。

■感情
初対面の人には愛想が良く、平和的・友好的態度で接するので第一印象のポイントはかなり高い。相手の懐深く飛び込んでいけるから、安心感や親しみを与える。ホントは内弁慶。

■外見・言葉
主義主張に一貫性がないのは、人の影響を受けやすいから。天然ボケも少し入っている。メモはとらないし、とってもメモ用紙をなくしてしまう。なのに、笑って許されてしまう得な人。

■行動
大器晩成を予感させる逸材。熟考してから行動する慎重派だが、面倒なことが大嫌いなので案外ドタキャンも多い。名より実を取るタイプ。おいしいポジションにこだわりがある。


こりゃ、ネット占いも捨てたものじゃない。

当たってるところもあるなぁ。


>応用の天才にして優柔不断


天才ってまでは思わないけど、

オレ応用するのは結構得意かな。

優柔不断ってのはドンピシャ。


>自然とよく動く二枚の舌


……その通り。


>初対面の人には愛想が良く、平和的・友好的態度で接する


争いごとは極力回避したい。


>主義主張に一貫性がない


ああ、オレだ。


>大器晩成を予感させる逸材


ホントにそうだったらウレシイけどね。



といったわけで、

思ったより当たってる気がする。

興味をもった人は、やってみてね。

んで、みなさんがそれぞれ誰だったか

教えてくれたらうれしいですばい。。。

↓↓↓

日本歴史占い
スポンサーサイト





  TopPage  



Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.