FC2ブログ

ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


小学生のあいさつ

本日、授業前。

生徒がわが塾に集まってきた。

「こんにちは~!」

元気にあいさつしてくれる。

もちろんこちらも負けずに

「ハイ、こんにちは~!!」

いや~、あいさつはやはり基本。

先生と生徒とはいえ、

そこには人間関係というものが存在し、

それが円滑にいくからこそ、授業もうまくいく。

あいさつとは、その潤滑油。

ホント、いい子たちだなぁ。

そんな感慨にふけっているところに

ある小学4年生の女の子が入ってきた。

もちろんオレは元気よくあいさつ。



「こんにちは~!!」

すると、ふだんきちんとあいさつしている女の子は

こうあいさつした。







「チョリ~ッス!!」








いや、別にね、オレ的には

このあいさつの仕方はキライじゃないよ。

親近感がわくってこともあるし。

でもね、ウチの塾では勉強はさることながら、

躾もきちんとするように心がけている。

当然、そのあいさつに対して、指導をするわけだが……



「ちょっと○○ちゃん、はじめのあいさつはきちんとしようよ。

大切なことだよ」

すると彼女はこう言ってのけた。

「だって、テレビ見てたら、みんなチョリ~ッス、って言っているよ」



やはりテレビの影響力とはすさまじいもの。

逆に小学4年生くらいだと、そんなあいさつが

ふつうなのかと思ってしまったのか。

もちろん、同じ学年の子でも

きちんとあいさつする子もたくさんいる。

しかし、オレと彼女は友人でもなんでもない。

あくまで、先生と生徒。

きちんとした線引きは必要。

というわけで、適切な指導をした。



社会形態も最近ずいぶん変わってきていると思うが、

こと日本社会においては、目上の人に対する言葉遣いは

絶対的に教育が必要だと思う。

ただ本当は、子どもたちが率先して

目上の人に敬語などを正しく使うように

大人の方が尊敬されるべき人間にならなければならない

とも思った。

子どもたちの言葉遣いを非難する前に

自らを省みる必要性も感じたのである。

オレもあんまりきちんとできてないなぁ……反省。


吉田、ジョシュに完敗 旗揚げ戦でまさかの一本負け???

3/5(水)

待ちに待った格闘技イベント「戦極」が開催。

見られてない方は、まずは動画で↓↓↓

五味隆典VSドゥエイン・ラドウィック

吉田秀彦VSジョシュ・バーネット のダイジェストですばい。



いや~、五味を久しぶりに見ることができた。

ウレシイね。

結果は、本人にとってはちょっと不本意だったかもしれないが、

TKOには変わりない。

吉田秀彦もよくがんばったと思うよ。

結果については、いろいろ言われてるけど、

とにかくよくやったと思う。ジョシュ相手にね。


でも、今日はあるスポーツ記事の書き方に納得いかなかった。

それが、今回のタイトル。

「吉田、ジョシュに完敗 旗揚げ戦でまさかの一本負け」(by スポーツナビ)

いやいやいやいや

妥当な結果だろ?

「まさかの」ってのはどゆこと?

だって、

ハッキリ言って、ジョシュの方が実力も格も上。

これは格闘技見てる人には、共通の認識だと思うんだけど。

じゃあ、結果が逆だったら、

吉田は順当勝ちだったってことか?

そりゃない。

それに記事の中でもこう書いていた。



>3ラウンドに入ると吉田は完全にスタミナ切れとなり、グラウンドでの動きも重くコントロールされ続ける。最後は難なくパスガードに成功したジョシュが、サイドポジションからあえて足関を取りにいき、ひざ十字からヒールホールドを連係で極め、吉田はタップ。



そう、ジョシュは難なくパスガードしたあと、

サイドポジションとったにも関わらず、

あえて足関節とりにいってんだよ?

どんだけ余裕で試合してんだよ!

って言いたくなるところだろ?

そりゃ、日本人選手が勝ったほうが

一般向けにはイイのかもしれんが、

個人的には、強い実力のある外国人が

今の格闘技団体には重要だと思うんだけど。

仮に外国人だけの開催になったとしても、

格闘技ファンは絶対見ると思うね。

だって、真剣勝負を見たいから。

ホントに強いヤツが、ガチでやって勝つところ見たいから。

だから、ヘンに日本人びいきな記事やコメントは

必要ない。

少なくともオレはそう思っている。

オレ、結構スポナビ信頼してるのになぁ。

チョー納得いかなかったよ、マジで……


「ゲートボール」が改名

高齢者のスポーツというイメージが強い「ゲートボール」。

そのイメージの払拭を狙って、改名するらしい。

その名も……




「リレーション」




意味は「関係」。

現在、国内の愛好者数はピーク(平成2年ごろ)の

約600万人から約200万人にまで減っているんだって。

理由は、グラウンドゴルフやパークゴルフなど、

手軽にできるニュースポーツの台頭と

単に敬遠している人たちも少なくないらしい。

敬遠している人たちの理由も

高度なチーム戦術や駆け引きを要求されるため、

「命令されるようで嫌」

「自分のプレーがほかのメンバーに迷惑をかける」

とのこと。

まぁ、やっぱ人間関係ってあるもんね。

やはり集団が作られれば、高齢者であっても

立場の強い人、弱い人って図式が

作り上げられたりするだろうしね。



んでも、「ワンチェ先生」。

ガキのころは、

母親の実家に遊びに行くと、

じいちゃん、ばあちゃんといっしょに

よく試合に混ぜてもらってたけどな。

実際、オモシロいよ。



今回の改名を機に、

5人制意外にも

2人制・3人制も確立するらしい。

ホント、また、盛り上がってほしい。

そのキッカケ作りには

いいんじゃない?改名。

「海砂利水魚」→「くりいむしちゅー」

「バカルディ」→「さまぁ~ず」

って、例もあるしね。(関係ねぇか)


エディソン・チャンの流出画像について

最近にぎわしてる話題。

たいして興味もなかったのだが、

周りでもメッチャ話題になってるので、

ちょっと調べてみようと……



……ひでぇ



ってのが正直な感想。

なにがヒドイかって

その画像内容などではない。





危機管理能力のなさ





が、である。

多く語るつもりもないが、

当のエディソンには

「殺人」くらいの罪の意識が必要だと思う。

写った女性陣の

芸能界生命を

ヘタすると奪ってしまうのだから。

ま、これらの女性たちも

こんな写真を撮らせてくれって時点で

ん?

と思うだろ、ふつう。

こんなもん写真に撮りたいってヤツ、

変態以外の何者でもないぞ。

ま、結果論にすぎないけどね。



とにかく、今後余波が広がって

最悪の事態が起こったりしないように

祈るばかりです。


○○メーカー

以前、流行った「脳内メーカー」。

しかし、最近静かなブームになっているのが……



「おっぱいメーカー」……



そんなわけで、「ワンチェ」やってみた。

すると……

〔結果〕

・巨乳

・チクビ色:普通

・乳輪:小さい

・プルルン度:シリコン

・H度:うぶ

(画像も出ましたが、一応添付は控えておきます)



はじめは、嫁さんと盛り上がったけど

2つ3つやったら、もう飽きた。

ってか、逆にコレを使って

たとえば、好きな芸能人の名前入れて

喜んでるヤツっているんだろうなぁ、

って考えた瞬間にちょっと背筋に悪寒が走ったので、

やめた。

もちろん、オレもオトコ。

きらいじゃないけど、なんかコレ違う……



そんなわけで、久々にその他の「○○メーカー」をやってみたよ。



①「高校メーカー」

ワンチェ高校

……校歌はちょっと笑えた。



②「都市メーカー」

ワンチェ市

住民の声ってところの

>ふくよかな人が多すぎて離れられません(32歳 トリマー)

オレのこと言ってんのか?よくわかってるじゃねぇか。



③「戦隊メーカー」

ルンルン戦隊ワンチェジャー

特にテーマソング

>時に激しくペットに甘く
博士の奥さん微妙な感じ
たまに素早くロックロックロック
ホントは音楽でも聴いていたい

みんなの生活守るため
(実はお菓子のため~)
みんなの安全守るため
(実はお菓子のため~)

アタック&パッション
やめてやめてやめないで

交わせ!ワンチェジャー
あっち行け!ワンチェジャー



思わず、共感。オレのことよくわかっている。



うん、素直にオモシロかった。

また、新しいのできたらやってみようと思った。

やったことないみなさんもやってみては?

新しい発見があるかも……


防衛省の考え方

まずは、来栖弘臣氏(元幕僚会議議長)の著作

『日本国防軍を創設せよ』の抜粋から↓↓↓

国防軍


「今でも自衛隊は国民の生命、財産を守るものだと誤解してる人が多い。政治家やマスコミも往々この言葉を使う。しかし国民の生命、身体、財産を守るのは警察の使命(警察法)であって、武装集団たる自衛隊の任務ではない。自衛隊は「国の独立と平和を守る」(自衛隊法)のである。この場合の「国」とは、わが国の歴史、伝統に基づく固有の文化、長い年月の間に醸成された国柄、天皇制を中心とする一体感を享有する民族、家族意識である。決して個々の国民を意味しない。」(後略)

どうだろうか、この話。

元自衛官がこう言っているのだから間違いない。

自衛隊は国民を守る義務はない

って考えてるってことだよな。

オレはこの本に関することを今日まで知らなかったし、

著作の中にあるように、

「自衛隊は国民の生命、財産を守るものだと誤解してる」

人間の一人だった。

今朝のサンデーモーニングで言ってたのをTVで見て

初めて知ったのだ。

耳を疑った。クールポコの小野まじめ氏のように思わず

「なぁ~にぃ~!!」

と叫んでしまったよ。

著者の来栖氏は、「誤解」と断言している。

その「誤解」をしている人たちは、

果たしてこの日本にどのくらいいるのだろうか?

ほとんどじゃないのか?

だって、いくら国を守っても、平和を守っても、

国民が全滅じゃ何の意味があるのだろうか。

こんな考え方が自衛隊に蔓延しているから、

先日のイージス艦のような不幸な事故が起きるのではないか

と思ってしまう。

(この事故の件については、いずれは言及しようと思っていたが

行方不明の方の安否が明確になってから、と考えているので

今回はこれ以上は触れません。)

とにもかくにも、

「本末転倒」

こんなもんのために、いったいいくら使ってんだよ。

国民の税金をよ。

石破さん、以前言ってた。(「太田総理」でね)

「自衛隊がいなくなったら、いったい誰が国民を脅威から守るのですか?」

とね。

なんだよ、自衛隊がいたって結局誰も守ってくれないんじゃねぇか。

どうなってんだよ、防衛省。

んで、そんなこと突っ込んだら、

「国を守り、平和を守ることが、結果、国民を守ることになるのです。」

とか言われそうだな、オイ。

逆だろ?

何にも優先して国民を守ることを第一義にすることが、

結果、国を守り、歴史・文化を守ることになるんだろうが。

国も歴史も文化も

「人」ありきだぞ。

まったく。。。



しかし、オレも勉強不足。

もっともっと、政治も含めて

改めて勉強しなければ……

と、逆に反省した一日だった。


『Devil's Way』(BECK)、最高ッ!!!!

オレは、最近、漫画というものはコミックでしか読まない。

若い頃は、毎日のように各週刊誌をすべて読んでいたけど、

ちょっとムリ。お金的にも。立ち読みはツライし……

って考え出したのが、う~ん……三十路過ぎた頃かな。

というわけで、月マガ購読者には古い話かもしれないが、

今回は『BECK』最新刊(32巻)について。

koyuki.jpg




震えたよ……




コユキが『Devil's Way』を歌った瞬間。

マンガ読んでて鳥肌たったのは何年ぶりだろう。

しまいにゃ、ちょっと涙ぐんだばい、オッサンは。

もちろん、発声するその瞬間に至るまでのイントロ。

ギターを奏でる竜介のシルエット。

オバチャンも言ってた。

「静かで幽玄……」

そして、コユキが静かに歌い始めた……

抑制から、そして徐々に解放へ。。。

もう一度言う。






震えた!!






いや~、たまらん!!

すべてがホントに聴こえてくるようだった。

ファンとしては待ちに待った瞬間だからね。

そして、亡くなってしまったエディの声。

「君の曲だよ……」

さらには、お辞儀をした後にメンバー全員が見た

エディの笑顔。

届いていたんだね。

最高。



正直、ハロルド作石先生が「ゴリラーマン」描いていらっしゃったときに

後にこれほどの作品を提供してくださるとは

夢にも思っていなかった。

ごめんなさい(汗)

とは言っても、読んだことの無い方や

バンドなんかに興味がない方には正直、届かないかもしれない。

オレも、一瞬でもメジャーテビューを夢見たオトコの一人なので、

この作品には共感以上のモノを感じてる。

ホント『BECK』のメンバー達に自分の夢も託している感じ。



んでもね……

ひとことだけ、ハロルド氏に言いたいことがある。

それは





なぜアニメ化したんだ?





ということ。

だって、コユキの声やBECKの曲を限定してしまったら……

オレたち?(少なくともオレ)は夢を失う。

ファンには、それぞれの心に

コユキの声、千葉の声、竜介のギターサウンドなどなど

が、あると思う。

それだけが残念。

んじゃ、見なきゃイイじゃん、って言われるだろう。

そう、見てません。

深夜に一度何かのハズミで見てしまって、

コユキの歌が始まった直後チャンネルを変えた。

だから……一応見てません。


ってなわけで、こんだけ熱く語ってはいるが、

このマンガを共有できる友人が、

オレの周りには、残念ながらいない。

ホント、残念。

だれか、『BECK』ファンの人、いないかなぁ……




生徒が不規則動詞を批評。

本日の授業中。(中1英語)

不規則動詞の過去形を覚えさせるため、

一覧表を配布した。

ひとつずつ、発音やら意味やら説明。

すると一人の男子生徒が突然言い出した。

「なんか『cut』って、カッコよくない?」

何を突然……

理由を尋ねたオレ。すると……

生徒「だってさ。『cut(現在形)-cut(過去形)-cut(過去分詞形)』やろ?

    なんか、筋が一本通っていて男らしいやん。」

おろろ?なんかオモロいこと言い出したぞ、と

オレは話を広げてみる。

オレ「んじゃあ、ダメなヤツはどれだ?」

生徒「え~とねぇ、やっぱ『go』やね。」

オレ「なんで?」

生徒「そりゃ、見たらわかるやん。

   だって『go-went-gone』やろ?

   いったん過去形で一大決心して変身したのに

   また過去分詞で元にもどろうとしとるやん。

   結局、自分のやったことがミスだと考えて

   もう一度以前の自分に戻ろうとしてるし、

   それも、結局はもとに戻りきれてないし。

   中途半端なヤツだよ、コイツ」




コイツは大物になる




と、ある意味感心したオレだった。




Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.