FC2ブログ

ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


バカヤローの日 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ バカヤローの日
「あなたが今バカヤローと言いたいことはなに?」
腹まわりのぜい肉。
 
てめぇ、ムダに太くなりやがって……
 
バカタレがぁ!!!
スポンサーサイト





『44MAGNUM』 トリビュートアルバム

今日は、ある意味興味がある方だけ読んでください。

ということで、まずは記事抜粋(by Yahoo music)↓↓↓


2008年でデビュー25周年を迎える44MAGNUM。日本のハードロック/ヘヴィメタルの立役者でもある彼らのトリビュート・アルバムが、4月2日にリリースされることが決定した。

このトリビュート・アルバムが制作されるきっかけとなったのは、44MAGNUMのヴォーカル、PAULの闘病だったという。PAULは2005年に「若年性パーキンソン病」と診断され、自暴自棄になった時期もあったそうだが、「人目が気にならないと言えば嘘になるけど、音楽は捨てられない。音を楽しむことは歓びであり、俺にとっては生きることそのものだから」と奮起。そして「人前に立つ患者がいることで、同じ病気と闘う方たちにも力を奮い立たせてもらえれば…」と、2006年から音楽活動を再開した。

そうしたPAULの想いへの賛同と、44MAGNUMへのリスペクトを込め、二井原実(ラウドネス)をはじめとする大勢の“仲間”たちがこのトリビュート・アルバムに参加することになった。

20080227-00000182-bark-musi-thum-000.jpg



ということだった。

素直にうれしい記事だったので取り上げたのだが、

まず、『44MAGNUM』が復活していたのを

恥ずかしながら知らなかった。

そして、PAUL(ポール)が

なんと「若年性パーキンソン病」に冒されていることも……

オレにとっては、ヘヴィ・メタルに目覚めた

キッカケとなったバンド。

その後、LOUDNESS(ラウドネス)へと傾倒していったのだが、

今でも、車の中で聴いてるよ。

44MAGNUMのマイベストアルバムとか

勝手にCD作っちゃってね。

未だに色褪せないね。青春の音楽というものは。



とにかく、今後とも応援していきたい。

病気なんかに負けるな、PAUL!!

というわけで、

おすすめ曲にも44MAGNUMをアップしておきますので、

この記事を最後まで読んでくださった

ある意味同志の方は、ぜひ聴いてください。

44MAGNUMで

「Street Rock'n Roller」!!


  TopPage  



Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.