ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マーク・ハント、K-1に凱旋!!

いや~、ウレシイ!!

昨年は、セーム・シュルトが結局三連覇しちゃって

正直新鮮味に欠ける「K-1」だったけど、

これでちょっとオモロくなるんじゃないかな。(個人的に)

過去K-1に出場した選手の中でも

特に好きな選手。

1136372536.jpg


ホント、豪快だし、ハートがある。

勝っても負けても、試合がおもしろい。

そして何と言っても





オレ、顔が似てる。







体形も……
(筋肉質でない単に太ったマーク・ハント=オレ)







そんなわけで、特別な親近感をもっているのだ。

以前から、マークが戻ってきたら

シュルトとおもしろい試合ができるのに……

って、ずっと思ってた。

ま、世の評価的には

結局シュルトの前蹴りに煩わされて、

なんとか懐に入ってもあの最凶のヒザが飛んできて

マークでは勝てないんじゃね?

みたいになってるけど、

それでもマークなら

夢を見させてくれそう……(オレだけ?)

あの豪腕でサモアン・フック叩き込んでほしいね。

ワンパンチで流れが変わるはず。

いや~、ホント4月13日が待ち遠しい。

横浜大会、期待してるぞ~!!
スポンサーサイト


バカヤローの日 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ バカヤローの日
「あなたが今バカヤローと言いたいことはなに?」
腹まわりのぜい肉。
 
てめぇ、ムダに太くなりやがって……
 
バカタレがぁ!!!


『44MAGNUM』 トリビュートアルバム

今日は、ある意味興味がある方だけ読んでください。

ということで、まずは記事抜粋(by Yahoo music)↓↓↓


2008年でデビュー25周年を迎える44MAGNUM。日本のハードロック/ヘヴィメタルの立役者でもある彼らのトリビュート・アルバムが、4月2日にリリースされることが決定した。

このトリビュート・アルバムが制作されるきっかけとなったのは、44MAGNUMのヴォーカル、PAULの闘病だったという。PAULは2005年に「若年性パーキンソン病」と診断され、自暴自棄になった時期もあったそうだが、「人目が気にならないと言えば嘘になるけど、音楽は捨てられない。音を楽しむことは歓びであり、俺にとっては生きることそのものだから」と奮起。そして「人前に立つ患者がいることで、同じ病気と闘う方たちにも力を奮い立たせてもらえれば…」と、2006年から音楽活動を再開した。

そうしたPAULの想いへの賛同と、44MAGNUMへのリスペクトを込め、二井原実(ラウドネス)をはじめとする大勢の“仲間”たちがこのトリビュート・アルバムに参加することになった。

20080227-00000182-bark-musi-thum-000.jpg



ということだった。

素直にうれしい記事だったので取り上げたのだが、

まず、『44MAGNUM』が復活していたのを

恥ずかしながら知らなかった。

そして、PAUL(ポール)が

なんと「若年性パーキンソン病」に冒されていることも……

オレにとっては、ヘヴィ・メタルに目覚めた

キッカケとなったバンド。

その後、LOUDNESS(ラウドネス)へと傾倒していったのだが、

今でも、車の中で聴いてるよ。

44MAGNUMのマイベストアルバムとか

勝手にCD作っちゃってね。

未だに色褪せないね。青春の音楽というものは。



とにかく、今後とも応援していきたい。

病気なんかに負けるな、PAUL!!

というわけで、

おすすめ曲にも44MAGNUMをアップしておきますので、

この記事を最後まで読んでくださった

ある意味同志の方は、ぜひ聴いてください。

44MAGNUMで

「Street Rock'n Roller」!!


今、一番輝いている男優っていう話

本日の授業にて。(また、中2)

また、休み時間中に

先日、話した一番輝いている女優って話の延長で

今度は男優ではどうだってことに……

松田 翔太

松山 ケンイチ

成宮 寛貴

玉木 宏

など、やはり意見は様々。

ウケを狙って、ミッキー・カーチスとか言った

坊主頭のサッカー部員の意見は全員が全力で無視。

(不思議と小栗 旬って意見は出なかったなぁ)

ケンケンガクガク。まとまらず。

前回よりもさらに続く平行線。

そこでオレ。

「単にイケメンだとかじゃなくて、もう一回考えようや。

今、一番輝いている男優だぞ!!」

みんな、うなずいて、ウーンと考える。

すると、野球部員の一名がおもむろに、こう言い出した。

「ぬっくんは?」

オレは、またウケ狙いやがって……と無視しようとしたのだが、





おぉぉぉぉぉぉぉぉ!!


そうきたかぁぁぁ!!

はいはいはい、忘れとったぁ!! (このセリフ、前回と同じヤツ)




理由は、オールラウンダーである点とのこと。



……オレ、もうどうでもよくなって、

「じゃあ、それで決まり。」

と話を断ち切った。

そんなわけで、

うちの塾の「今、一番輝いている男優」大賞は、



温水洋一さんに決定!!



ちなみに、前回参加できなかった生徒(さっきのサッカー部員)は、

いつまでもいつまでも、

「女優のほうは、ゼッタイ、スザンヌ!!」

と言いつづけていた。

やはり全員が総力をあげて無視……

(スザンヌは女優じゃねぇだろ)


シーホークデビュー!!

本日は、オレ休み。

で、嫁さんとデート。

食事に行った。

いつもなら、おなじみ「めんちゃんこ亭」。

(おなじみでない方、知りたい方は過去記事で

しか~し、

今日はひと味違うぞ。

本日、訪れたのはココ↓↓↓

シーホーク


シーホークホテル福岡だ!!! オオォォヽ(゚`∀´゚)ノォォォ♪

ふだん、いかに安く済ますことができるかを

追求している我が夫婦。

突然変異の大盤振る舞い!!

場所は、シーホークホテル4F、

「Seala Buffet(シアラ・ブッフェ)」

バイキング形式のお店で、特に今回は蟹がメイン。

そして、料金だ。その料金とは

一人4,000円(おぉぉぉぉ!!)









が、タダ……










いや、実はね、嫁さんには妹がおりまして、

その彼氏がね、世界のTOYOTAで働いておりまして、

何かわからんけど、職場でもらったらしく、

妹「ねえちゃん、お食事券があるっちゃけど、いる?」



いるいるいるいる!!



いや~、持つべきものは妹と彼氏っつってね。

というわけで、本日ワンチェ先生、およびその嫁、

二人そろって、シーホークデビューを果たしたのだ!!

ちなみにオレのメニュー、一発目の内容はコチラ!!

ブッフェ


写真の手前の方がオレなんだけど、

(蟹)       (アワビ、カンパチのマリネ)

    (ステーキ)

(パスタ)    (グラタン)

って感じ。(お子様まる出し)

いや~、ホントうまかったよ。

特に、やっぱ蟹は良かった。

食い放題だし。

なんと言っても

料金、一人4,000円のところ







タダ。







最高。

貧乏夫婦やし、ホテルなんか滅多にいかないので、

嫁さんなんか舞い上がっちゃって。

この店に行く途中、

ある店で売っていた「ルービックキューブ」を見て、

あっ、これ、何だっけ、あの~、あ、そうそう、




「ルーブキュービック」




オレ「……」





しかし、本日のエピソードはこれでは終わらない。



そんなこんなで二人で楽しく食事をしてた。

18:00の開店に合わせて予約していたので、

はじめはお客さんも少なかったのだが、

そのうちぞろぞろと増えだした。

家族連れ、おじいちゃんおばあちゃんの集まりなど

さまざま。

その中で、黒のドレスを着た

ちょっと大柄なメガネをかけた女性が一人で来ていた。

その女性、

着席し、店員さんに一通り説明を聞いた後、

おもむろに立ち上がり

他には目もくれず一目散に向かった場所。




「蟹」

それも、テンコ盛り。



えぇぇぇぇぇぇぇぇ!! (←久々、オレの心の叫び)

その後、着席するやいなや、黙々とカニにむしゃぶりつく。

まさに、一心不乱。

オレ、もう彼女に釘付け。

しかし、そこでオレはもうひとつ

衝撃の事実に気づいた。

彼女は、とてもキレイな黒のドレスを

身にまとっていたのだが、

ふと足元に目を移すと……







ニューバランス!!

さんぜんと輝く「N」の一文字!!




えぇぇぇぇぇぇぇ!!(←本日、二度目)




どんだけの競争率を覚悟してきたんだよ!!

ってツッコミたくなるほどのそのいでたち。



も~う、今日はいろんな意味でお腹いっぱい。


ベストセラー『ホームレス中学生』が大学入試問題に

「麒麟」の田村さんの『ホームレス中学生』が

大学の入試問題になったらしい。

1月24日に行われた新潟経営大学経営情報学部の

国語の試験。

コレに関して、結構賛否両論あるようだが、

個人的にはイイことじゃないかと思っている。

いろんな意見の中にはこんなのもあった。

「読んだ人が有利ではないか?」

この意見にはついては二つのことを思った。

まず思ったのが、その意見からすると

「当該箇所を勉強していた人が有利っていうのは

もちろん当たり前のことだし、

それはどの科目でも起こりうることじゃないか」

しかし、その後すぐに思ったことは

「たしかにタレント本の内容が入試問題にて

出題されたというのは異例のことだし、

過去あまり無かった事例。そういう意味では

この文章について学問の対象として

勉強した人はそうはいないだろうから、

改めて事前に文章を読んでいた人は

やはりもうけものだったのかな」

ま、アツく語ることでもないんだけど、

見方によっては公平性に欠けるのかもしれない。



しかし、よく売れてるねぇ、この本。

もう200万部近いんでしょ?

オレは読んでないんでなんともコメントできないが、

オレの周りの評価は上々。

文章力なども含めて、なかなかのモノらしい。

はじめて彼の貧乏話をテレビで見たときは、

たしかに笑った。(「味の向こう側とか」)

というか好感が持てた。

ツライ内容を実にあっけらかんと話し、

逆にネタにして周りの笑いを誘うところが

清々しかった。

今後もぜひがんばってほしいけど、

個人的には

本業の漫才の方でもっと大成してほしいね。。。





ワンチェ(BlogPet)

きのうワンチェ先生と、授業みたいな開幕しなかった?
それできのうロドリゲスが、ホントに内定したかったみたい。
それできょうは、お返しに作詞する?
それでで歳相応へ参戦したかったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「ロドリゲス」が書きました。


おぉ!!

「鯖」とは、しましまママさんとこの「鯖」くんのことやね。

仲良うしてもろうて、良かったやん。

よ~と、お礼ば言うとかんといかんばい。


今、一番輝いている女優っていう話

本日の授業にて。(中2)

ちょうど休み時間のとき、話の流れで

「今、一番輝いている女優って誰?」

っていう話になった。

生徒たちはいろいろ言い始める。

長澤 まさみ

手嶌 葵

新垣 結衣

そして、

沢尻 エリカ

ちなみに彼女の理由は、

「逆の意味で輝いてんじゃない?」

(女子生徒の意見)

というもの。

ま、意見はそれぞれ。

しかし、誰もが納得しない。

議論は平行線をたどるばかり。

そこで、オレ。

ふっと、思い出したように言ってみた。

「最近やってるサントリー・プレミアムモルツのCMの

竹内結子さんって、メッチャかわいくない?」






おぉぉぉぉぉぉ!!

そうかぁぁぁぁ!!

はいはいはい、忘れとった!!






口々にこぼれだす声。

巻き起こる共感の渦。

というわけで、ウチの塾内での

「今、一番輝いている女優」大賞は、



竹内結子さんに決定!!


いまさらながら、R-1グランプリについて

今年のR-1グランプリ。

なだぎ武さんの連覇で幕を閉じた。

別にネタやなんかを批判するつもりではないが、

以前からひとつだけ残念に思っていることがあって……

みなさんは「R-1」のRとは何かご存知か?

「M-1」のMはMANZAIのM。

「R-1」のRはRAKUGOのRなのだ。

あ、知ってましたか……(汗)

んで、残念なことというのは

そのまさに落語なのだ。

なぜ決勝進出者に落語家がいないのか。

それは単に落語がオモシロくないから

決勝の舞台に上がれないということか。

そんなことないよ。

落語ってメッチャおもろい。

千原兄弟の「ジュニア」さんなんかも大好きな

桂枝雀師匠のネタなんか、

もう絶品。

車でCDなんか聞いてると

もう危なくて運転できないくらい

腹をかかえて笑ってしまう。

なのに、何でR-1には落語家が出てこないのか。

残念。。。

若手の台頭に期待。


黒人演歌歌手 JERO

先日、テレビで彼の存在を知り、ビックリした。

2008年2月20日デビューの彼は

演歌をこよなく愛す黒人青年。

そしてなんといっても





ウマイ!!




ホント演歌。

こぶしもキッチリまわっていて

最高。

日本語がウマイってレベルじゃないよ、これは。

マジ、なんかクセになりそう。

もっとテレビなんかでも

フィーチャーしていいと思うんだけど。ホント。

さらに、デビュー曲「海雪」は

作詞秋元康、作曲宇崎竜童。

豪華ラインナップやね。

とにかく、ぜひとも売れてほしい。

んで、演歌界の起爆剤となってほしいね。

そんなわけで、↓↓↓にPV貼っときます。

知らなかった人は聴いてみて。

ホント驚くよ。

ちなみに、

オープニングでは

曲に合わせてヒップホップ系の

動きをしているのは

まさにミスマッチで

逆にウケてしまった。

そこあたりも必見。



ちなみに彼はNHK「のど自慢」に出場の際、

坂本冬美さんの「夜桜お七」を歌って合格したらしい。


おすすめ曲アップ~Stacie Orrico

久々におすすめ曲アップです。

今回は、

Stacie Orrico(ステイシー・オリコ)で

「Stuck」

これは結構最近の曲だね。

2003年のアルバムの1曲だったかな。

聴いたことある人は結構いるかも。

とにかく、曲調や流れるようなメロディーライン、

軽快なリリックスが最高だった。

当然、次のアルバムも期待したけど、

個人的にはイマイチ。

日本でもアメリカでもあんまり売れなかったらしい。

ま、そんなわけで、当ブログのWhat's New! の下に

プレイヤー置いてますので、

興味アリの方は聴いてみてください。


ギョウザ三昧。

昨日の夕食。

前日にテレビか何かで

出演者がギョウザを食べている映像を見た嫁さんが

「今日は絶対おいしいギョウザ食べたい。」

って言い出した。

ただし、最近の中国の騒動で

冷凍モノは敬遠。

でも、作るのは面倒……らしかった。

じゃあ、専門店のうまいギョウザ食おう、

って話になった。

実は、オレの実家の近くに

中国から来られた方がやっていらっしゃる

ホントにおいしいギョウザ屋さんがあって、

(これホント。肉汁たくさんのジューシーなギョウザっす!!)

そこに行こうってことになった。

だけど、四時ごろに「せんべい」を食いすぎて

まだあんまりお腹減ってないってことで

食べに出たのが夜9時前。

そして、9時15分ごろお店に到着。




営業終了時間9時。




知らなかった。

どうしよう、と悩んでいたが

それでも、ど~~~してもギョウザ食いたい嫁。

結局、最終的に行った店。




「王将」




もちろん王将のギョウザも好きなんだけど、

たまの休みの日に久々の外食。

以前、当ブログにも書いたが、

わが夫婦は、いつもは「めんちゃんこ亭」に行くところ、

今日は趣向を変えてみたのに……

ま、そこの王将は

2月はギョウザキャンペーンか何かで

1人前150円だった。

結局、二人で四人前をペロリ。

ギョウザ


二人とも腹いっぱいでゲップしながら帰ったよ。


推薦入試、結果報告。

先日、公立高校推薦入試の指導について書いたが、

本日、その内定結果が出た。

オレの生徒は4名受験。

結果は……(どぅるるるるるるるるる)←ドラムロールね









3名合格!!! ィョッシャ━━Σ( p`'д'))q━━━!!!!


いや~、ウレシイね。

何せ、推薦入試は倍率高いから。

ウンウン、よくやったよ。

それこそ、オレは

「受かれば生徒のおかげ。落ちればオレのせい」

ってスタンスでやってる。

ホント偽善じゃないよ。

ただね、喜んでばかりはいられない。

1名落ちた者がいる。

中でも一番倍率の高い学校だったんだけど……(言い訳)

もちろんこの生徒は、本入試で必ず合格させる。(断言)

最後まで、いっしょにガンバロウ!!



ス、スナメリ?

本日、とある地方番組を観ていたときのこと。

「スナメリ」という小さいイルカが登場。

そして、なんとも癒される「バブルリング」なるものを

口から吹き出す。

d65431c49ceda6131e3af7700f80e389.jpg


「おぉ、スゲぇ!! キレイじゃん!!」

ん?でも何か観たことある。

細胞がずいぶん崩れ去った脳みそをフル回転させて

思い出す……



そういえば、SoftBankのCMの

「島根のおじさま」

ではないか!!

いや~、知らなかった。

あのバブルリングって

勝手にCGだと思い込んでた。

違うんだ。ホント世間知らずなオレ……痛感(;-ω-) =3 ハァ~



んで、それも下関の「海響館」って水族館での

「スナメリのプレイングタイム」

っていうショーでそれを見られるとのこと。

見ると幸せになれるとの話があるほど

世の中に市民権を得ているらしいこの「バブルリング」。

ホント、オレってロマンティックとか癒されるとか

そんな系統の話にはまったくアンテナ張ってないな。

そんなに遠くないので、

嫁さんと見に行ってみようかな……今年のGWあたりに。


次世代DVD戦争、ついに決着 (BlogPet)

ワンチェ先生の「 次世代DVD戦争、ついに決着 」のまねしてかいてみるね

とうとう決着がつく模様だな思い出なんで大きな問題が撤退のでそんな懐かしい)で、オレが撤退のだな♪
HDDVDの。
VHSと映画「サスペリア」。
なぜ持ってしまったよね!!
友達、なんと当時うちのだ。
VHSと映画「テレビデオ」型のデッキは進学しね。
んで、オレが撤退の家になって亡くなっている!
なぜ持ってことでも持たない!
HDDVDのビデオか小5か?
HDDVDのビデオをしてくってくっているらしい!!

*このエントリは、ブログペットの「ロドリゲス」が書きました。


次世代DVD戦争、ついに決着

とうとう決着がつく模様だな。

HDDVDの東芝が撤退の方向で最終調整しているらしい。

ということで、今後はBlue Ray一色になってくってことか。



昔、あったよね。ビデオで。

VHSとベータ対決。

当時の思い出なんだけど、(小5か小6ぐらい)

友達がビデオデッキも持たないのに

ビデオを買った、といって持ってきた。

なぜ持ってきたかというと

実は当時うちの家にはビデオデッキがあったのだ。

オヤジが新しモノ好きで、

なんと当時では珍しい

いわゆる「テレビデオ」型のヤツ。

たしかSHARPの製品だったと思う。

んで、何のビデオかというと

映画「サスペリア」。(懐かしい)

でもここで大きな問題が。

友達が買ってきたのは



ベータ



うちのデッキはVHSだったのだ。

残念……

友達はせっかくいっしょに見ようと持ってきたのに

当然、見ることができず、二人で肩を落としたよ。


ま、今回のニュースで

そんな懐かしい話を思い出してしまったのでした。


実は、その友達、

オレが高校生のときに、

窓拭きの仕事をしていたんだけど、

(彼は高校には進学しなかった。ヤンキーだったしね)

作業中にゴンドラから落下して亡くなってしまった。

でも、今でも今回のような思い出として

心の中に残っている。

別に悲しく、つらい話をしているのではない。

あくまで、個人的な思い出話ですばい。


好きな刺身 (今日のテーマ)

BlogPet 今日のテーマ 好きな刺身
「どんな魚の刺身が好き?」
お刺身は、大好きです。
 
ひとつを選べといわれても、なかなか難しい。
 
しかし、しか~し、あえてひとつ選ぶのなら……
 
「えんがわ」最高!!


デーモン小暮 『Girl's Rock √Hakurai』 を聴いて……

……

あ~あ、って思った。

選曲、悪くない。

アレンジ、悪くない。

バックの演奏力、申し分ない。

しかし……



デーモン、悪い。



昨年発売された『Girl's Rock』を聴いたときにも

同じ感想。

進歩が無い。

彼は、いったい誰に向けてこのアルバムを発信しているのか。

誰に聴かせたいのか。

単に、これらの曲を聴いていた世代に

懐かしがられるだけならば、

デーモン小暮でなくてもいい。

正直、今度こそはっていう期待をこめて

手に入れた。

だって、「聖飢魔Ⅱ」大好きだったから。

当時はいろいろ言われたよ。

「イロモノ」だとか、「メタルをバカにしている」だとか、

「KISSのパクリ」だとか。

それでも好きだった。

デーモン小暮の繊細かつダイナミックなボーカル。

ジェイル大橋のテクニカルなギター。

最高……だった。



ナニコレ?

繊細な声は、単に細いだけとなり、

シャウトは心に響かない。

知り合いの中には「もう歳だから」と言った人もいた。

オレは、それには納得いかない。

じゃあ、ミック・ジャガーは?スティーヴン・タイラーは?

どんなに歳とっても、現役バリバリ。



正直、手を抜いてね?


と言いたい。

でも、そんなら、まだいい。


練習してない?


だったら、もうやめてほしい。

年齢は理由にならない。

きっちり練習して、音楽に命かけてんなら、

逆に歳相応の円熟味が増すはず。

一切無いね、そんなの。

どんな奇抜な格好しようが、そんなの関係ない。

曲が、そして歌が良ければ。

なんか、残念でしょうがないんだよね。

デビュー以来のファンに

これだけ気をもませる程度のものしか作れないのなら

もういい。買わないから。

いったいあなたは、どこに向かいたいんだ?




そんなわけで、

↓↓↓はあの「夜のヒットスタジオ」に初登場のとき。



ホント、当時は生でこんだけ声はれるデーモンに

ド肝抜かれたんだけどね……



バレンタインデーのプレゼント

というわけで、今年もバレンタインデーを迎えました。

んで、今年は嫁さんからこんなものをもらいました。

↓↓↓

バレンタイン


いつもはチョコレートだけなんだけど、

今年はチョコとこの『ニット帽』。

これ、

実は1月末にデートしたときに見つけて

悩んで悩んであきらめた品。

嫁さんが覚えててくれた、というわけだ。

うん、

素直にうれしかった。

仕事用で使ってます。(今日から)

もちろん、もう今から来月のお返しを考えてます。

あんまり高価なものはカンベンね。

今日はそんなオノロケで終了……




P.S.

今年は他にも

経理の女の子からチョコ

生徒のお母さんからチョコ

んで、卒業生からシュークリーム

もらいました。

感謝!!



新イベント「DREAM」立ち上げ!!!

昨年末、開催された格闘技イベント

「やれんのか」

から、早くも1ヶ月半。

イベント終了間際にあった「春に夢の続きを……」

の意味が本日明らかに。

3月15日に開催される新イベント

「DREAM」

旗揚げ戦となる今回のイベント名は

『HEIWA DREAM.1 ライト級グランプリ 2008 開幕戦』

とのこと。

いや、素直にウレシイね。

特に、大晦日に流れてしまった対戦

「青木真也 VS J.Z.カルバン」

がこんなに早く観られるとは……

今からワクワクです。

ま、五味隆典はいませんが、

(3.05『戦極』に出るからね)

その他出場選手もたいへんすばらしい布陣。

ライト級グランプリに、青木真也、J.Z.カルバン以外にも

川尻達也、石田光洋、アンドレ・ジダ、宇野薫、

ヨアキム・ハンセン、ギルバート・メレンデス、

ルイス・アゼレードらが参戦予定。

ヘビー級戦線はやはりメンツ不足でしょうが、

(今日の会見にはミルコも来ていたみたいだけど)

ライト中心のこのイベントは、それはそれで

間違ってないと思うよ。

とにかく、再び格闘技を盛り上げてほしいね。



ちなみに、『戦極』での五味の相手も

ドゥエイン・ラドウィック

に決まったようだし、

五味にはスカ勝ちしてもらって、

いつかまたこのDREAMにも交わる日が来て欲しい。

もちろん青木慎也との対戦が一番みたいですわ!!!


市川崑監督が亡くなられました。

オレの中で市川崑監督といえば、やはり

「横溝正史原作シリーズ」ですね。

『犬神家の一族』

『悪魔の手毬唄』

『獄門島』

『女王蜂』

『病院坂の首縊りの家』

そして

『八つ墓村』

どれも名作。

全部観たよ。

(もちろんオンタイムじゃないよ。再放送とかね)

とにかく、あの緊張感。

子供心にメチャクチャこわかった印象が残っている。



享年92歳ということでしたので、

大往生といってもいいかもしれませんが、

やはり惜しい。

心からご冥福をお祈りいたします。


ロドリゲス占い (BlogPet) と衝撃のできごと

ロドリゲスが占ってあげるね。

今日は「生徒たち運上昇のきざし」だよ。
何となく生徒たちに残って無意識に口ずさんでいるみたいでしょう

なんと、すばらしい占いをしてくれた!!エライ!!ロドリゲス!!!!

というのは、今日、福岡県では公立高校の推薦入試があったのだ。

だから、オレは、最近授業終了後や時間があるとき

ずっとこの推薦入試の指導をしていた。

入試の課題は、「面接」と「作文」。

ま、作文はもともと国語科の指導をしているので、

授業の延長のようなもの。

逆に、特に力を入れてやるのが、面接指導の方だね。

声の出し方やそれこそ立ち方や座り方、

礼の仕方など新卒の社員教育のように

細かいところまでやっている。

はじめはとにかく、まったくできない。

だれの入試なんだ?ってくらい

積極的でないんだよ、コレが。

今年も苦労した。

まぁ、最終的には、きちんとできるようにはなったので、

良かったと思う。

んで、入試の様子を聞いたら、

皆「自分が一番大きな声を出していた」

と言っていた。


なんとか、これで受かってくれたらうれしいんだけど……

通常の公立入試に比べて倍率高いんで何とも言えない。

後は、神のみぞ知る、ってことで

本日のブログはこれにて……


となるところだが、今日はこれからが本番。

実は、今日そんなこんなで、例にもれず

朝から推薦入試の激励に行ってきた。

それも、わが母校にである。

そこで衝撃の事実……



玄関の場所が変わってた……(汗)



さらに、知らない建物がたくさん建ってた。

もちろん昔の名残はいくらかあるものの、

あのなつかしの中庭が半分以上消えてしまっていたのには

ちょっと寂寥の感がこみあげたね。

世の中の動きはホント速い。

時代の流れを痛感した一日でした。。。


生徒の流行曲

最近、中1の生徒たちが口ずさむ曲。

トヨタのシエンタのCM中の曲。

マント~ヒ~ヒヒヒヒヒヒヒヒヒ

ヒトコブラクダダダダダダダダ

ダックスフ~ン~ドドドドドドドドド

ど~も

です。

子どもたちも、何となく耳に残って

無意識に口ずさんでいるみたいだ。



ところで、これはもちろん同世代の方々は

皆さんご存知?かもしれないが、

あの「横浜銀蠅」の

『尻取りRockn' Roll』

である。

本作では、

「アライ~グ~マママママママママ」

から始まるんだけどね。

とりあえず、おすすめ曲にアップしたから、

知らない人は聴いてみて。

約13秒の曲。

しかし、まさかこんな形で

この曲に再会するとは。

もちろん、子どもたちに横浜銀蠅のこと言っても

知らないので、

そんな人たちがいたんだよって話す程度だが、

あまり関心はないみたい(汗)

当然か……



さて、「ギンバエ」といえば、

正式名称はたしか

「THE CRAZY RIDER 横浜銀蠅 ROLLING SPECIAL」

だったなぁ。懐かしい。

んでも、

ボーカルの翔は、

この前書いた岡村靖幸と同様、

麻薬取締法違反で3回逮捕されたよね。

ホントの意味で「THE CRAZY RIDER」になっちゃった

ってことか。(笑えねぇ)

ったく。

実兄でドラムの嵐さんは

3回目のときなんか

責任感じて丸坊主にしてたよな。

周りに迷惑かけんなっつ~の。

ホントに更生していることを願いますわ。


『American Gangster』観たば~い!!(ネタバレあるかも……)

というわけで、

Russel Crowe×Denzel Washington

『American Gangster』観ました。

うん、デンゼルすげぇ!!

『マルコムX』のときも凄かったが、

今回も見事に「麻薬王」演じてた。

ホント、ドキュメントのような錯覚に陥るほど

すばらしい演技だったと思うよ。

今回のこの映画、実在の麻薬王「フランク・ルーカス」については

ちょこっと知識があったので、

普通はアクションorホラー映画しかほとんど観ないオレが

ちょっと興味を持ってしまい、鑑賞することに……

いや~、ブッチャケおもろかった!!

実は、最近オレって映画観るとき、

結末はどうなるんだろう、って考えながら先を読みながら

映画を観ている感じだった。

でも今回は、結末を知っているだけに

そこに至る過程とか、演技者の表情とかに注目しながら

観ることができた。

たいしたことではないかもしれないが、

オレにとっては、そんな見方がちょっと新鮮で

すごく楽しめた。

もちろん内容も良かったんだけど……


んで、今回は内容については多くは語らないが、

どうしても書きたいことがあってね。

それは、作中に出てきたそっくりさん……





Sammy Davis Jr.(サミー・デイヴィス・ジュニア)

↓↓↓この人ね(写真は本物のサミーっす)
sammy.jpg




えぇぇぇぇぇ!!!ほ、本物???

って思うくらいソックリ!!

そしてあまりのソックリさに、思わず笑ってしまったよ。

一瞬しか出てなかったんだけど、

関係ないところで強烈な印象が残ってしまった。

Muhammad Ali(モハメド・アリ)VSJoe Frazier(ジョー・フレージャー)

のボクシングの試合に

主人公のフランクが観戦に来ている場面で

彼も観戦に来ていて、近くを通り過ぎるってだけのシーン。

なんか懐かしい気持ちになったね。

実は、昔、実家の壁にサミーの写真のデッカイのを

うちのオヤジが壁にかけてたんだよ。

そんなこんなで、遥かなるノスタルジー……って感じになった。



ちなみに、「Gangster」ってのが、

ギャングの正式名称だったんやね。

オレ、このタイトル聞いたとき、

「ギャング」の「スター」かと思ってた(汗)

んで、よく観るとスペルが違うやん。

いや~、オレってこんなに無知なんや~

って、正直ヘコんだ。

まだまだ、勉強が足りません。



ちなみに、モハメド・アリは

あんま似てなかったッス。。。


ロドリゲス(BlogPet)

ロドリゲスは営業授業しないです。
でも、ワンチェ先生は自分は感心したよ♪
だけど、ワンチェ先生は、結婚したかったの♪
だけど、話ー!

*このエントリは、ブログペットの「ロドリゲス」が書きました。


日産CUBE CMソング第4弾!!

今日はべつのことを書こうと思ってたんだけど、急遽このネタ。

今、TVで「イツザイ」って番組を観てた。

結構毎週見てるんだけど、

その中で、「日産CUBE CMソング」をめぐってのオーディションに優勝した

HARU くん

の出来上がった曲聴いた。

Daniel Powter とのコラボレーション。

いや~、イイネ!

聴いてて、気持ちよくなった。

とても清々しい曲だったよ。

Daniel Powterも、あまり前に出すぎず、

絶妙なバランスで、ホントに良かったと思う。

3月12日に発売らしいので、買ってみようかな。

もちろん、そのうちCMで流れると思うので、

もし今回見過ごしてしまった方は、

ぜひチェックしてみてね。。。


『宮崎アニメ』アンケート

本日の授業中。(小学生の授業)

ひょんなことから、『宮崎アニメ』についての話になった。

そこで、生徒たちにどの作品が好きか聞いてみた。

すると、圧倒的人気で第一位は……






『となりのトトロ』






んで、その中でおもしろかった話は、

妹のメイちゃんは、実はおばあちゃんの子ども説。

お姉ちゃんのさつきちゃんは、あの両親の子どもだが、

メイちゃんは、どう考えてもおばあちゃんの子だ。

だって、顔見ればわかるじゃん。

似てるじゃん。



とのこと。

たしかにその通り。おばあちゃんの方が似てるとオレも思った。

まぁ、しかし子どもはいろんなこと考えてるな、と感心した。

設定など無視。

ま、それも楽しみ方なのかな。



すると、一人の子が聞いてきた。

先生の好きなのは何?

オレは答えた。

ルパン三世カリオストロの城とあとは、やっぱコナンかな?

生徒はこう返す。

コナンってあの名探偵?



……



そりゃ、そうだ。知ってるわけがない。



コナンつながりで話をもうひとつ。

以前、自分の教え子の中に、「羅奈」って子がいた。

お母さんと話す機会があって、

どうしても聞きたくて思わず聞いたよ。

未来少年コナンのファンですか?

お母さん、答える。

主人が……です。

やっぱりそうか、と納得しましたね。

ただそのとき、「羅」の字はどうだろう、女の子だし、って

ちょっと思ったけどね……


岡村靖幸、覚醒剤所持で逮捕。

あえて『音楽話』とカテゴリしましたが……。

もう、ホントにダメな男。

3度目はない。

1回目逮捕され、執行猶予であったにも関わらず、

猶予中に再犯。

そして、懲役刑。

刑務所に入って反省したから、出所したんじゃねぇの?

それって、偽善?

本っっっっ当にやりきれない。





だって、ファンだから。





「仏の顔も三度」は真理。

もう、誰も許さない。

あのね、ファンってのはお前が考えているより、

厳しい環境に耐えてんだぞ。

岡村靖幸が好きって言ったら、

「ああ、あのクスリでつかまった人ね」

……

もちろん言い返せない。

事実だから。

ファンも含めて、お前一人の人生じゃない。

周りのスタッフや

もちろん家族、親戚、すべてが岡村靖幸の一部なんだよ。

ホント、ひとりで生きてるような顔して

クスリでブッ飛んでやがったんだろうな。

「残念」は通りこしてます。

もうアンタは必要ない。

でもアンタが作った曲だけは

ファンの間で永遠に輝いてるから。

心配しなくていいよ。

もう、反省しなくていいし、

そのかわり、二度と世間に出てくるな。



手厳しい意見かもしれんが、

それほどにファンだったってこと。

とにかく、どんな世界でも

過ちは、三度目はない。




だからといって、別にファンやめるつもりもない。

曲、好きだから。

友人の紹介(コメントくれてるMt.Oilくんね)で

高校生のときにはじめて聴いた

アルバム「DATE」の1曲目。最も好きな曲の一つ。

『19(nineteen)』です。↓↓↓動画で。。。



脈絡のない稚拙な文章、失礼しました……


久々の再会

本日は、以前働いていた会社の同僚と久々に会った。

その後の会社の状況なんかも聞けてとても楽しかったよ。

同業者なので、

入試の激励なんかで顔を合わせる機会もあったのだが、

ゆっくりと話をするとなるとなかなか……

3年ぶりぐらいかな、あんなにゆっくりと話したのは。

その中の話で、別の同僚が結婚するって話を聞いた。

それも、オレがやめるときに付き合っていた事務の子と。




おめでとう!!




本当は結婚式にも駆けつけたいところだが、

たぶん無理だろう。

オレなんかが行くと、彼の会社での立場がまずくなるだろうから……

ま、言うなれば、やめるときに一悶着あったんだよね。

だから、社長とかがいい顔しないだろうからさ。

何もしてあげられないけど、せめて祝辞だけでもひとこと……






結婚生活はガマンの日々!!





これを結婚生活の先輩として送りたい。

末永くお幸せに。。。


2007年 HR/HM No.1曲、発表!!!(今さら)

今日は、ちょっとマニアックなお話。

2007年、ハードロック/ヘヴィメタルNo.1曲発表~!!!

え~、

事前に言っておきますが、

これはあくまで主観です。

興味のない方には申し訳ないッス。。。


というわけで、まいりましょう。

いきなり、年間ベスト1のはっっっっっっぴょ~~~うです!!!!!




第一位!!

NOCTURNAL RITES(ノクターナルライツ)で

『Never Again』!!!




いや~、これメッッッッッチャ、カッコえ~~~!!!!!


彼らとの出会いは、1999年発売の

「The Sacred Talisman(ザ・セイクリッド・タリスマン)」

っていうアルバムだった。(オレが結婚した年)

その中でも5曲目の

『Hold on to the Flame』

血沸き、肉躍るって感じのコテコテのジャーマン・メタル。

一発でハマったんだけど、

次作の「After Life」で大失速。。。

それ以来、聴いてなかった。

しかし、去年ニューアルバム「The 8th Sin」が出るって

何かで見て、何となく久々に聴いてみようと……

すると、どうだい?

スゴすぎ!!

ここまで、進化していたか!!!

どハマりで、今でもヘヴィ・ローテーションですよ。



ちなみに、嫁さんはオレの音楽的趣味には一切興味なし。

付き合ってた頃、何とか一緒にハマリたいと思い、

いろいろ聴かせてみたけど、ひとこと

「ムリ」

って言われた……




ま、それはさて置いて今回は動画で紹介します。

ぜひともみなさんにも、ハマってほしいなぁ。

(……ムリ?)





Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。