ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さすがの小学生!!

本日の授業。

ウチの塾では「算数パズル」という授業がある。

今日はその授業日であった。

学年は無学年。

小学生であれば誰でも参加できる授業である。

で、今週は月の三週目、

子供たちが待ちに待っている「対戦授業」の日。

対戦授業とは、

普段は個人戦である算数パズルが、

この週だけは「対戦型」のパズルで戦える

というアツい授業の日なのである。



本日のテーマは「立体四目」(こういうヤツ)↓↓↓
立体四目

5分もたたないうちに

さっそく対戦は白熱、大盛り上がり。

普段はうるさくしていたらきちんと注意するオレだが、

このときばかりは盛り上がるのが前提なので、

ほとんど注意しない。

みんなで大ハシャギ。

すると、

小学2年生と小学3年生の男子が対戦している声が聞こえてきた。



小2「あんた、エライ強かねぇ~」(博多弁丸出し)

小3「そら、あたりまえたい!」



と、ホノボノとした会話があった直後。

小3の子が気を良くしたのか、突然歌いだした。

















あたりまえ~、

あたりまえ~、

大きな~声で

おっぱい!わっしょい!

あたりまえ~、

あたりまえ~、

あたりまえおっぱい!!

















小学生。

しかも、小3。

COWCOWの「あたりまえ体操」と

アヤマンJAPANをミックスするあたり、



さすが小学生やな……



とニヤけてしまったばい(笑)
スポンサーサイト


単語力……

先日の授業中。中3国語。

以前から渡していた自作のプリントがあったんだが、

それを忘れた、または失くしたから、

もう一度ほしいと言ってきた生徒が2、3人いた。

一度や二度ならまだ許せるが

もう数回目であった。



オレ「お前らいい加減にしろよ!

   オレはお前たちのことを一所懸命考えて

   必死こいてプリント作ったりしてんだぞ。

   少しは考えろよ!」



とは言うものの、なければ授業が進まぬため、

しぶしぶ渡すことに……。

そこで、オレは渡すときに冗談っぽく言った。



オレ「お前らこれ安くないからな!」



するとそのクラスにいたHくんがおもむろに尋ねる。



H「えっ!!先生、これいくらですか?」



オレは少しニヤッとして、こう言った。



オレ「プライス・レスたい!」



キマッタ!と思ったそのときHが言ったひとこと。















「プライスって何?」
















……

言ったオレが悪かった……


女子小学生のおしゃれアイテム

本日の授業。小5国語。

授業中にちょっと気になるものを発見。

女の子が持っていたエンピツなんだけど……↓↓↓

シュシュ鉛筆

ま、いわゆる「シュシュ」ってヤツね。

それをエンピツの頭に絡めて使用している。

どうやら、彼女らの間で流行っているらしい。

しかもウチに来ている子がはじめたら、

周りがマネしはじめて(本人談)、

今や彼女の学校では一大ムーヴメントとなっているらしい。

いや~、すばらしい。

子どもたちのこういった発想力っていうのは

やっぱスゴイよね、と感慨深げに目を細めていたとき。

その子が一言。


















「でもね、先生。

 コレ……重いっちゃんね。

 メッチャ手が痛くなるけん、

 ホントはしたくないっちゃけどね」


























……じゃ、やめりゃイイやん。。。








とはいうものの、

おしゃれにはそれなりの代償ってのが

必要なんやろね(笑)


感覚の違い?

先日の授業。小6国語。

ある文章問題での話。

登場人物である小学生の男の子が

クラスに好きな子がいるんだけど、

どうしても素直になれない。

で、男の子が給食当番のときに

豚汁がキライなその女の子の器に

なみなみの豚汁をよそってニラまれる、

っていう場面があった。

そのとき突然Yくんが言った。



Yくん「なんで、そんなイジワルすると?」

オレ「いや~、そりゃ、好きだからだよ」

Yくん「え~、なんで?好きなら告っちゃえばいいじゃん。

   オレなら、ソッコー告るけどねぇ」



てめ、小学生だべ?

何、いかにも恋愛慣れしたような意見出してんだよ。

って、思ったんだけどそこは普通に答えるオレ。



オレ「いや~、好きなんだけど、どう接していいかわかんなくて、

   でも気をひきたくて、逆にそういうことしちゃう。

   そういう感覚っていうか、感情あるだろ?」



って、オレは至極当然のようにそう話した。

するとYくんは一言、こう言った。




























Yくん「ふ~ん、昭和やね」


























……

オレたちが古い?

ま、そりゃそうかもしれんが、

それにしても、昭和て……(汗)



紙飛行機飛ばしてギャーギャー盛り上がってるわりに

こういうヘンに大人びたところもある。

時代かなぁ……


歴史は繰り返す?

先日の授業中。小6国語。

四字熟語の勉強をしていたとき。

いろいろな四字熟語をまずは覚えよう!

ということで、

みんなで板書した四字熟語を読み上げていた。

その中の男子の一人で、

いわゆるクラスに一人はいると思われるお調子者の子。

その子が茶々を入れるのだ。



オレ「はい、じゃあ次は?」

全員「五里霧中!」

男子「ゴリラ夢中!」

オレ「それじゃ、次は?」

全員「完全無欠!」

男子「完全オケツ!」



ま、そんな感じ。

まさに典型的小学生男子発言。

それでもクラス全体でも結構クスクス笑って

まぁ盛り上がっている。

その程度なら……とオレも一応黙認。

というのもその男子は人気者で

さらに基本的にはデキがよい子で、

テストなんかするとこういう語句関連は

ほぼ正解するのである。

インパクトがあってみんな覚えやすくなるのなら……

と思い、そのまま続けていたのだが。



オレ「それでは、次はどうかな?」

全員「温故知新!」



そこで男子はマックスの勢いで言った。























男子「ウ●コチンチン!!」



























オレ「……」



な、何ですと!?

そりゃ、加トちゃんやろ?

何で知ってんだ?

昭和か!

などと心の中でツッコんでみるオレ。

一応尋ねてみる。



オレ「それ、加トちゃんのギャグやろ?」

男子「え~、ちがうよ。タカトシがテレビで言いよったっちゃん!」



ふ~ん、そうなんや。

タカトシがそういうギャグをねぇ。

すると他の男子もそれに便乗して

クラス全体が「ウ●コチンチン」祭り。



いつの時代もこの言葉は小学生男子の流行語なんでしょう。。。




Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。