ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


獲ったどぉぉぉぉ!!

というわけど、今回は…

中山10R

3歳上オープン

GI

芝2500メートル

16頭立て

1着賞金=2億円

第59回有馬記念











獲ったどぉぉぉぉ!!



いやあ、久々に会心の一撃やったばい!

三連複で万馬券ゲット!

しかも有馬はもう何年ぶりだろうってえくらい

ずいぶん久々のこと。

今回の買い目のポイントについては、

ま、当たったから言うわけじゃないけど、

(いや、当たったから言うんやけど(笑))




①有力3歳馬

②内枠

③実績のある引退馬




というところをメインに考えた。

とくに①については毎年念頭に入れていること。

というのが、

1997年の第42回有馬記念で

シルクジャスティスが3歳で勝った

あのレースがあまりに印象的なんよね。

このときは最後の最後でシルクを切って

ガッツリはずしてしまうという。。。

それから毎年有馬では3歳は要チェック。

今回は

3番ワンアンドオンリー

6番トゥザワールド の2頭。

んで、引退馬からは

4番ジェンティルドンナ

15番ジャスタウェイ の2頭。

トーセンラーとヴィルシーナも引退やけど、

この2頭には有馬は長いかと…

あと、やっぱ実績から

ゴールドシップ

エピファネイア の2頭。

そげなわけで、

上記6頭の三連複BOXで購入したわけだ。

結果は、みごと

1~5着全当て、掲示板独占状態っていう

会心の一撃やったとばい!



いや~、年末にイイことあったね。

また来年もボチボチ楽しむばい!
スポンサーサイト


ザルカヴァ、強えぇ!! 〔2008凱旋門賞〕

久々にお馬さんのお話。

先日、フランスにて世界最高峰のレース

『凱旋門賞』

が行われた。

日本からは「メイショウサムソン」が参戦。

とりあえずレースの模様↓↓↓



むぅ……つ、強えぇ。

勝ち馬の『ザルカヴァ』。

もう一度じっくり見てみようって方は

緑色の勝負服で

白いシャド-ロールつけている馬なんで。

そこに注目してみて。



まあしかし、何とデビュー以来7戦7勝。

しかもその戦績もすげぇ。



・カスカド賞

・マルセルブサック賞(GⅠ)

・グロット賞(GⅢ)

・プールデッセデプーリッシュ〔仏1000ギニー〕(GⅠ)

・ディアヌ賞〔仏オークス〕(GⅠ)

・ヴェルメイユ賞(GⅠ)

・凱旋門賞(GⅠ)



フランスの牝馬三冠獲っての

凱旋門賞獲り。

しかもしかも、すべてのレースで

2着に2馬身以上つけての圧勝。

まさに、奇跡の馬やね。

名牝誕生って感じ。




メイショウサムソンは10着。残念。

位置取り厳しかった感じやね。

いつもの武豊なら最終コーナー手前あたりから

外に持ち出して直線一気なんだろうけど。

今回は出すところがなかった感じやな。

やはり世界の壁は厚いか。

ま、斤量的には3歳有利だからね。

日本馬も、今後は3歳時点での参戦計画を

練っていかないとダメなんだろうな……



過去、凱旋門賞に参戦した日本馬は以下のとおり。

1969年 スピードシンボリ(10着)

1972年 メジロムサシ(18着)

1986年 シリウスシンボリ(14着)

1999年 エルコンドルパサー(2着)

2002年 マンハッタンカフェ(13着)

2004年 タップダンスシチー(17着)

2006年 ディープインパクト(失格)

2008年 メイショウサムソン(10着)



ああ、エルコンドルパサーのときは

めっちゃ惜しかったよな~。

もうちょっとだったんだけどね。

ま、しかし日本の競馬も

世界相手に遜色なくなってきているということ。

ぜひ今後ともチャレンジし続けてほしいね。



話はまったくかわるけど、

今回3着に入った馬の名前が

「ソルジャーオブフォーチュン」

ってなわけで、

オレの青春だったバンド

LOUDNESSの曲で

「Soldier Of Fortune」

をおすすめ曲にアップしときます。

うわ~、ぜんぜん関係ねぇ~(汗)

でも、めっちゃカッコイイ曲なんで。

あ、関係ないついでに

先日紹介した Tim Christensen の新曲

「Superior」

も合わせてアップです。。。


ダービー騎手が観客を「一喝」


08年の日本ダービーを制したのは1番人気の「ディープスカイ」だった。騎乗した四位洋文騎手(35)は、07年の「ウォッカ」に続くダービー2連覇で、史上2人目の偉業を果たした。ところが、ヒーローインタビューで四位騎手が発した「ある一言」をめぐって、ネット上で賛否両論が入り乱れているのだ。
話題になっているのは、表彰式後のヒーローインタビューでの一幕だ。インタビューは2分強にわたって行われ、冒頭でアナウンサーから「喜びの声を」とマイクを向けられると、「ええ、最高に幸せです」と笑顔で応じた。
ところが、インタビュー後半になると様子がかわってくる。馬に乗っていての感触を聞かれると、
「そうですねー、もう、あんまりー、あのー」
と何かを言おうとしていたところで、客席を睨んで
「うるせーよ、おい!」
と一喝したのだ。「ディープスカイ」以外の馬券を購入した観客が四位騎手に野次を浴びせ、これに反応したものとみられる。ところが、その直後には、何事もなかったかのように、レースの様子について淡々とコメントを続けた。 ( by J-CASTニュース )



オレも競馬はやる。

競馬場にも行く。

すると競馬場にはいろんな人がいる。

たしかにハズレたときはイライラするだろう。

馬券を購入した馬が負けたとき、

その騎手に罵声を浴びせるシーンは

よく見てきた。

これについてはオレはあえて否定しない。

競馬って、結局賭博だし、

馬券を購入してくれる客がいるからこそ、

競馬関係者はメシが食える。

勝てば賞賛、負ければ罵声。

騎手ってそんな職業だと思う。

そのことについては、騎手自身がよくわかっているはず。



でもいくら馬券がハズレたからといって、

勝利騎手を罵倒するのはマナー違反だと思う。

彼らは自分の仕事をしたのだから。

素直に「おめでとう」でいいんじゃないかな。

ま、でもたしかに由緒あるダービーの

勝利ジョッキーインタビューで「うるせえ」ってのは

まずかったかもね。

競馬のイメージを損なうことには違いないだろうからね。



それとこの記事見て思ったのは、

J-CASTニュースのあおり方も

ちょっとやりすぎかなってこと。

ネット検索してみたけど、

そんなに議論が過熱している感じじゃないし。

最近、ここのニュースは

いろんな意味であおり過ぎのような気がするのは

オレだけだろうか……


伝説の31馬身!!!!

最近、ディープ・インパクトの初子が誕生ってニュースを聞いた。

もう十日前ぐらいかな。

牝馬。

でも、その後、牡馬も生まれたとのこと。

サンデーサイレンス亡き今、

果たして、その産駒であるディープは種牡馬として

父親並みの活躍ができるだろうか?

(敢えて、「父を超える」なんて書けなかった。

サンデーはあまりにスゴすぎだよ。)

競馬好きのみなさんは、

しかし、賛否両論のようだ。

その理由として、サンデー産駒の牝馬が

日本中に広がっているから、ってのが多数。

つまり、同じサンデーの子であるディープは

付ける牝馬がいないってことか。

でもね。

今、ミスプロ系の優秀な牝馬が大いに繁栄している、って

事実もあるよ。

これ、ディープに思いっきり合うような気がするけどなぁ。

同じサンデー産駒のスペシャル・ウィークも

2005年アメリカンオークスの勝ち馬シーザリオを輩出したし、

ぜひディープの産駒にも期待したいなぁ。

ってか、まだ走ってもいない馬たちを

走らないと断ずるのは間違いでしょ?

それに競馬ファンとしても

夢持ってたいしさ。

パパとしても、伝説を残して欲しい。ガンバレ、ディープ・インパクト。





って、普通ならここでブログも終わりなんだけど、

今日のメインは別の話。

タイトル見て、気づいた人もいるかもしれないが、

本日の主役は、アメリカ三冠馬にして伝説の名馬

「セクレタリアト」

なんで急に、って言われるかもしれないが、

ちょっと思い出しちゃったんだよね。

ケント・デサーモ騎手が

「ディープは、まるでセクレタリアトを見ているようだ」

って言ってたコメントのことを。

タイトル通り、すんごい勝ち方をした1973年のベルモントステークス!!

今日は、オレが説明するよりも、

とにかく映像見てみて!!

オレも初めて見たときは、驚きを通り越して

あきれた……

このレースの勝ち時計が2分24秒0。

ダート12ハロンのレースでは、30年以上たった今でも

ワールドレコード。

(2分24秒台はおろか、25秒台もいないらしい。26秒台もなんと7頭のみ)

見たことない人は、ぜひぜひ驚いてください。



(最近、ブログに動画貼るのがマイブームになってる感じ……)


有馬記念結果

惨敗!!

一着 マツリダゴッホ
二着 ダイワスカーレット
三着 ダイワメジャー

だったねぇ……

マツリダゴッホは買ってたのに……

四、五着のロックドゥカンブ、ポップロックも買ってたのにねぇ……

残念でした。

今年はたいして馬券勝ってないけど、

買ったレースは掲示板に必ず自分が買った馬が三頭入っていた!!

それも必ず一着は買っていた!!!

それでも、全敗!!

三連複買えば、一、ニ、四着だし、

馬連買えば、一、三着だし……

んで、今回は一、四、五着。

まさに人生の縮図。

オレの人生そのもの。

ツメが甘い……

まぁ、それが競馬だと思って……来年もガンバリます!!!




Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。