ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


甲州印伝ゲット!

というわけで、タイトルのとおり。

甲州印伝の長財布&小銭入れ、買ったばい↓↓↓

NCM_0107.jpg

オレ、前の財布はもう十年以上使っとったんやけど、

それが折りたたみ財布でね。

肌触りとか質感とかすっげえ気に入っとったんやけど、

やっぱそろそろ長財布もたなかな、って思ってね。

そっちのほうが金がたまるていうけんね(笑)

んでも、何かなかなか気に入るものがなかったし、

わざわざ買わんでも、ってな感じやった。

ところが、この前、「たかじんのそこまで言って委員会」で

竹田恒泰氏が「甲州印伝」の財布を使っているって話をしてて、

恥ずかしながらその存在も知らんかったんやけど、

その後ちゃんと調べてみたら、

メイド・イン・ジャパンのすばらしい品物だということを知って、

俄然欲しくなったったい。

そげなわけで、福岡でって調べたら、

西区の「どいざき」さんっていう伝統工芸品のお店で

取り扱っているということがわかって、

んで本日買いに行ってきた。

実は、はじめは「黒×黒」のペイズリー柄を目指してたんやけど、

これ見てたらすごく気に入ってしもうてね。

肌触りや質感も含めてね。

漆塗りが紺と白の2色やったけん、他よりちょっとだけ高かったけど、

買ってしまいましたばい!

鹿の皮で使い込むほどにいい味出してくるってことやから、

今後もすっげえ楽しみばい!

また、「どいざき」の店員さんはこの財布が西新のお店にしかなかったのに、

わざわざ取りに行ってくれたし、

待ってる間、お茶とお茶菓子なんか出してくれてとっても丁寧に対応していただいた。

また、ファスナーとか壊れたときも修理してくれるとのことで、

「長く使ってあげてくださいね」

と言ってくれてね。ちょっと、ホッコリしましたばい。






ちなみに、その店員さんが言ってた。

「テレビ見られたんですか?」

そうだと言ったら、

「竹田さん?」

って言われて、よくわかりましたねって答えたら、

「今日だけでお客さんで三人目ですよ。

今日は印伝ばかりよく出てます(笑)」

とのこと。



テレビ、恐るべし……。
スポンサーサイト


初体験の『PHR』

ってなわけで、今日、オレ初体験!

それがコレ↓↓↓





NCM_0093.jpg

『プレミアム・ハザード・ラッシュ』!!

最近は、スロットバイオ5自体がなかなかなくて、

近所では使える店は車で30分くらいかかるところ1店舗のみなんやけど、

大好きなのでわざわざ行って打ってきた。

んで、通常時たしか340~50回転目に突然のロングフリーズ!

思わずニヤけてしまったばい(笑)

ちなみに、プレミアムはエピソード7まで伸びてくれたので、

個人的にはヒキが優秀だったと思うばってん。。。↓↓↓

NCM_0101.jpg

その後もちろん、エピソードコンプリート。

個人的には2度目↓↓↓

NCM_0103.jpg

最終的には「一撃5000枚over」↓↓↓

NCM_0105.jpg


即ヤメでホクホクばい。

やっぱ最近、休まず仕事がんばったけん、

ご褒美やったとやろうねぇ(笑)


嫁さんの初体験。。。

次の日曜日は衆議院議員選挙。

オレはその日一日仕事の予定なので、

今日、期日前投票に行ってきた。

って言っても、それは毎回のこと。

ほとんど日曜日は仕事やからね。

嫁さんがした初体験とは……




出口調査





いつも投票後に玄関前に立っていらっしゃるけど、

声をかけられたのは初めて。

「はじめて出口調査してもらった!」と

嫁さんはやや興奮気味。

ちなみにオレはというと……





にげたけど(笑)






さて、今日は買って帰った

「ワンパンマン」

読んで、また明日もがんばろう。



激しく久しぶりにブログはじめてみる

ってなわけで、何なら数年ぶりの再開。

とくに何かあったわけじゃないけど、

また、マッタリとやってみようかなと。

ちなみにひとつ感動したことを。



コレ↓↓↓





匠の技爪切り

いや~、今までさ。

爪切りなんか百均でしか買ったことがなかったから、

テレビで見たときは、何かウソくさいな~としか思わなかったけど、

買って使ってみると、まあスゴイの何のって。

切れ味抜群やわ。

足のつめとかノンストレス。

値段だけのことはあるわ。。。










って1500円やけどね。。。


滅び行く日本語!?

先日、食事をしに牛丼食いに行ったときのこと。

普通に牛丼食っていたら、店員がひとこと。




店員「湯飲みのほう、よろしかったでしょうか?」




何言ってんだ?わけわからん。

何も言わずにいるとその店員は

お茶の入った新しい湯飲みと交換していった。


いや、何も言わずに換えてくれるのは

よく気が利いてるとおもうけどね。

日本語わけわからんやん。


たまにあるけどね。

コンビニとかファストフード店の店員さんは。

めっちゃ、違和感のある言葉遣い。

オヤジなので、どうしても研修してんのか?

とか背景を思わずにはいられなくなる。

こうやって、日本語は滅び行くのか?

はたまた、これらは進化なのか?

ま、わかりゃイイんやけどね。

でも、この牛丼屋の店員は、

マジでわからんかったばい。




Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。