ワンチェ先生のなるべくすべらない話

いろんな話をぼちぼちと…「なるべくすべらない話」はすべて実話です!!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年ハマったもうひとつの音楽

この前、ワンオクにハマっているっていう

記事を書いたけど、

今年もうひとつハマったのがある↓↓↓











babymetal.jpg

ベビーメタル デス。

もともと中学生くらいのころから

ずーーーーーっとメタル好きやけど、

このアイドルとメタルの融合っていうのは

ある意味画期的だと思った。

ま、でも最初は企画モンだと理解して、

たいして気にもしてなかったけど、

その確かな演奏力と

なんといってもメインボーカルのSU-METALの声に

すっげえ魅了されたね。

彼女らは特にライブのパフォーマンスがめっちゃイイ。

三人の気合の振り付けと、音源と変わらぬ生歌。

ほんと彼女の生歌は

最近のアイドルの中ではズバ抜けてうまいと思うよ。

そして、さっきも書いたように演奏力は文句なしだし、

その楽曲もキャッチーで親しみやすい。

先日ロンドンのライブで発表された新曲の「THE ONE」とか

もうまさに天下一品のメロディックスピードメタルやもんね。

イギリスのバンドDragon Forceのギタリストである

Sam TotmanとHerman Liが参加したというのだから

納得の仕上がりだけどね。

ホント今後が楽しみだし、早くこの新曲を含めた

ニューアルバムも製作してほしい。

ってなわけで、↓↓↓はその新曲を添付。

初披露の動画ですばい。



いや~、この歳でまさかアイドルにハマるとは

思ってもみんかったね。

ま、でもイイもんはイイっていうことで。。。
スポンサーサイト


ワンオク、ヘヴィロテ中。。。

タイトルのとおり。

ONE OK ROCK にメッチェはまり中。

運転中はず~~~っと、聴いている。

森進一氏、森昌子さんの遺伝子を

しっかり受け継ぎつつ、

オリジナリティあふれるボーカル。

歌詞の青臭さも、若さ満点で

個人的にはとっても好感が持てる。

中学生なんかに特に人気のようで、

生徒たちと話が合う。

ってか、別にそれが目的だったわけじゃないけど。

で、一所懸命歌ってんだけど、

キーが高くてキビしいね。

ライブの映像なんかも見るけど、

よく声が出ているし、

こんだけCDと生音源のギャップがないのも

すばらしいね。

とにかく、今はもうすぐ出るらしい

ニューアルバムを楽しみにしておるよ、オッチャンは。。。

そげなわけで、いくつかお気に入りを↓↓↓







ローリング・ストーン誌「歴代最高のデビュー・アルバム TOP10」

米ローリング・ストーン誌が読者投票による「歴代最高のデビュー・アルバム TOP10」を発表。

1. Guns N Roses, 'Appetite for Destruction'
1. Pearl Jam, 'Ten'
2. Led Zeppelin, 'Led Zeppelin'
3. Boston, 'Boston'
4. Van Halen, 'Van Halen'
5. The Doors, 'The Doors'
6. The Strokes, 'Is This It'
7. The Jimi Hendrix Experience, 'Are You Experienced'
8. Nirvana, 'Bleach'
9. The Killers, 'Hot Fuss'
10. The Beatles, 'Please Please Me'

ソース:amass
http://amass.jp/20074
Readers' Poll: The Ten Greatest Debut Albums Pictures | Rolling Stone
http://www.rollingstone.com/music/pictures/readers-poll-the-ten-greatest-debut-albums-20130403



まあ

毎度毎度よくこんな感じの

ランキング出してくるローリング・ストーン誌やけど、

今回の1位である、ガンズはメッチャ同意やね。

まあ、初めて聴いたときは衝撃やった。

なんちゅう、完成度!すごすぎばい!

って思ったね。

彼らのすべてのアルバムの中でも

やっぱApetite~が一番好きやもんね。

あと他のアルバムも納得はいく内容。

ただ、ニルヴァーナならオレ個人的には

「Nevermind」の方が好きやし、

ツェッペリンなら

「Ⅳ」の方が好きやもんね。

それは別次元の話なんやけど……。


とにかく、このガンズのデビューアルバムは

一般的にもよく耳にしたな。

特に「Paradise City」なんか、

ボーリング場の100円ジュークボックスなんかで

よくかかってた印象。

なつかしいッスなぁ……



ちなみにこのTOP10は

どうにも40歳以上を対象にしているような

そんなチョイスが垣間見える。

ロックもクラシックと化してしまった

っていうことなんだろねぇ……


『FLYING GET』 by GILLE

いや~、ちょっとこりゃたまがったばい。

今までたくさんのカバー曲聴いてきたけど、

はじめての経験。






原曲を超えている……






いや、だっていくらなんでも

どんなスゴイ人がカバーしても

やっぱカバーはカバーやん。

それ以上にはならんやろ、ふつう。

って思いよったけど、

原曲超えることがあるんやなぁ……



しかもこのアレンジがまた秀逸!

さらにその英訳も曲調やイメージにバッチリフィットしとるし、

何と言っても彼女の英語は心地いい(^-^)

こりゃ楽しみなシンガーばい。

早くカバーCD出して欲しい。



ってなわけで、動画貼っときますばい↓↓↓


彼女の正体は

宮崎出身の「TASHA gee」さんだとか言われとるけど、

オレ個人的には正体がどうとか特に興味なし。

とにかくこれだけイイ歌を世に出さないのは

惜しすぎるばい。

何度も言うが、何とかCD化して欲しいもんですたい……



追伸

そういえば、モスバーガーのニューラインナップである

「旨辛モスバーガー」食ってきた↓↓↓
DSC_0057.jpg

え~……

ふつうのがやっぱ好きやね……


『HERE AND NOW』 by NICKELBACK

here and now

率直に言います。






















すっげぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!














良すぎ(^o^)

こりゃまいった。

個人的には、今年一番やね。

もう、1曲目の「This Means War」が始まったとたん、

ギューン!!

って胸をつかまれた感じ。

今、一番好きな音楽と言っても過言ではない。



NICKELBACKって言うと、

人によってはワンパターンだとか、

似たような歌ばっかとか言うけど、

個人的には






うるせぇ。

てめぇの主観を人に押し付けんじゃねぇ。






って言いたくなる。

彼らについては

一般的な評価なんかどうでもいい。

好きなモンは好き。

それ以上でも以下でもない。

心が震える。

とにかくそんだけのこと。

これはもう、人にとやかく言われても

どうしようもない。

チャドのあのセクシーな低音ボイス。

そしてそのソングライティング。

さらにはアレンジの妙。

ホント、己の声というものを

よく知っていらっしゃる。

また、その曲のコンパクトさも潔く、

そして何とも心地よい。

11曲全曲で40分程度っていう

この潔さ。(ボーナストラックは除外ばい)

アナログレコード感覚が

古き良き正統派ロックを想起させる。

よく、一般的には彼らのことを

「オルタナティヴ・ロック」だとか

「オルタナティヴ・メタル」だとか、

無理くりな造語で分類したがる人がいるけど、

彼らこそ、現代に残る数少ない

「正統派ロック」

と言って間違いないと個人的には思っている。

それでいてその曲のキャッチーさは

老若男女に支持されてもおかしくない。

と個人的にはそう思っている。



それにしても日本では

あんまり評価されてないんかね。

アルバムのオビには

「ただいま人気急上昇中」

とか書かれとるし(笑)

何言ってんだよ、

全世界ですでに5000万枚以上アルバムを売り上げとる

モンスターバンドやぞ!



ま、人はどうでもいいか。

オレが好きなんだから、それでいい。

2008年リリースの前作『DARK HORSE』が

このCD不況のさなか、300万枚売り上げ、

トリプル・プラチナムだったんだが、

今作はそれを上回りそうな予感が……。

そんだけイイと思うばい!!


ってなわけで、今アルバムのリードトラック、

「This Means War」↓↓↓


いや~、それにしても

カッコ良すぎやね。

こりゃ、いっときヘヴィロテですばーーーい!!!




Copyright ©ワンチェ先生のなるべくすべらない話. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。